cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
続投か?交代か?ー安倍首相、谷垣氏と近く面会し続投可否を判断
プライベートのサイクリング中に転倒し、
負傷した自民党の谷垣禎一幹事長が続投できるのかの判断が近日中に下ります。

近く安倍晋三首相が谷垣幹事長と面会し判断を下します。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「自民党の細田博之幹事長代行は26日の記者会見で、
サイクリング中に転倒、負傷した谷垣禎一幹事長(71)の症状について
「頸髄(けいずい)を損傷し、手術を受けた」と明らかにした。
「経過は順調」としたが、復帰の時期は
「現段階では正確な見通しを申し上げることはできない」と説明した。

安倍晋三首相(党総裁)は8月3日に行う内閣改造・党役員人事で
谷垣氏を続投させたい意向だが、近く本人と面会し、最終判断する。
谷垣氏の回復のめどが立たない場合、幹事長の交代に向け、検討を進める方針だ。

細田氏の記者会見に先立ち行われた党役員会には首相も出席し、細田氏から報告を受けた。
谷垣氏の進退に関する話題は出なかったという。

細田氏は会見で
「どう回復するかは個人差もあり見守りたい。
非常に早く『問題なし』となる可能性がある」と述べた。
一方で谷垣氏と直接は接触しておらず、
歩行が可能かどうかなどについては「分からない」と語った。

頸髄損傷は脳から背骨の中に延びる脊髄のうち脳に近い部分にある「頸髄」を、
事故などによる首の脱臼・骨折で損傷すること。
谷垣氏は16日に転倒し、病院に運ばれた。
自民党は「大事をとり入院した」と説明したが、後に手術を受けていたことが判明。
細田氏の会見まで詳細を明らかにしていなかった。」


自転車って怖いです。

あれだけのスピードが出ているのにも関わらず、
乗っている人はほぼノーガードで走行しているわけです。

そう考えたら、自転車は自動車よりも危険な乗り物と言えるかもしれません。

だからこそマナーを守り、安全に走行することが必要になるわけです。

もちろん谷垣幹事長はマナーを守っていたのでしょうが、
それでもこのようなことが起こってしまうわけですから本当に気を付けなければなりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック