cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
大横綱の死ー元横綱・千代の富士の九重親方が死去
7月31日、元横綱・千代の富士の九重親方が死去されました。

相撲界を代表する大横綱の死に、惜しむ声がやみません。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が31日、
東京都内の病院で死去した。
61歳だった。

同親方は2015年名古屋場所を全休し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けた。
その後は職務に復帰していたが、
最近はがんの転移が見つかったとされ、闘病を続けていた。

九重親方の略歴は以下の通り。

◆九重貢(ここのえ・みつぐ)元横綱千代の富士。
本名は秋元貢。
1955年(昭30)6月1日、北海道松前郡福島町生まれ。
70年秋場所初土俵。
75年秋新入幕。
81年秋から横綱に。
通算1045勝。
優勝31回。
三賞7度。
金星3個。
89年には国民栄誉賞に輝いた。
91年夏場所限りで引退後、年寄陣幕襲名。
92年4月に九重を襲名し部屋の師匠に。
08年2月に理事初当選。
広報部長、審判部長、巡業部長などを経て、12年2月から事業部長。
15年名古屋場所を休場し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていた。
家族は夫人と1男2女。
現役時代は183センチ、127キロ。」


とにかく大きな体がもてはやされる相撲界において、
千代の富士の肉体は筋骨隆々でした。

まさにそれまでの横綱のイメージを変えた人でした。

それだけに人気が出ました。

そしてそれに値するだけの能力の持ち主だったのです。

本当に凄い人物でした。

今はただ安らかに。合掌。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック