cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
なにかが変わるのか?改革の時が来たー小池百合子都知事が初登庁
7月31日の都知事選に勝利し、
新東京都知事となった小池百合子氏が8月2日に初登庁しました。

これから小池都政がスタートすることになります。


このことに関する記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「7月31日投開票の東京都知事選で初当選した小池百合子氏(64)が2日午前初登庁し、
「小池都政」がスタートした。

2020年東京五輪・パラリンピックの準備や
待機児童解消をはじめとした課題への対応に着手。
公約に掲げた都政の改革、透明化に向けた取り組みに乗り出す。

小池氏は、知事執務室で記者団に
「感無量だ。
(知事選で得票した)291万人の思いを、これから実行していく責任を感じている」と
改革実現に意欲を示した。

都庁の正面玄関で約1000人の職員に出迎えられた小池氏は、
選挙戦でイメージカラーとしていた
緑色のリボンなどで飾られた花束を女性職員から受け取った。
当選証書の交付式に出席した後、知事執務室に入った。
選挙中に対決姿勢を示してきた自民党を含む
都議会各会派を回り、都政運営への協力を求めた。」


自身が所属する自民党と対決し都知事となった小池新都知事ですが、
こういった経緯から言ってもそう簡単には物事は進むとは思えません。

厳しい戦いが予想されますが、小池新都知事には女性初の都知事として、
是非とも都政に新しい風を吹かせてほしいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック