cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
待ちに待った金メダルー体操男子団体で日本が金、アテネ以来3大会ぶり
8月8日、リオ五輪の体操男子団体決勝が行われ、
日本代表が見事に金メダルを獲得しました。

日本が体操男子団体で金メダルを獲得するのはアテネ五輪以来で3大会ぶりとなります。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「リオデジャネイロ五輪は第4日の8日、体操男子団体の決勝があり、
日本が悲願の金メダルを獲得した。
この種目での優勝は2004年アテネ大会以来12年ぶり。
2位はロシア、3位は中国だった。

前々回北京大会、前回ロンドン大会と連続で銀メダルに甘んじた日本は、
ロンドン大会個人総合金メダルの内村航平を主将に、
加藤凌平、山室光史、田中佑典(いずれもコナミスポーツ)、白井健三(日体大)の布陣。
日本はあん馬からスタートし、3連覇を狙った中国の演技にミスが出る中で、
同じ演技順のロシアとトップを争う展開になった。

5種目終了時点で日本がトップに立ち、2位のロシアとの差は0.208点。
最終種目の床運動で日本は白井、加藤、内村の順で登場し、
いずれも安定した演技を見せてロシアや、鉄棒が最終演技だった中国を引き離した。

日本の各種目の得点は以下の通り。

あん馬43.933点
▽つり輪44.599点
▽跳馬46.199点
▽平行棒46.766点
▽鉄棒45.398点
▽床運動47.199点」


見事な金メダルでした。

内村選手を筆頭に、どの選手も見事な演技を見せてくれました。

表彰台に登った5人の顔は非常に晴れやかなもので、
前回、前々回大会としてきた悔しい思いを見事に晴らせたんじゃないかと思います。

本当におめでとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック