cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
怪物を越える怪物ー日本ハム・大谷翔平、主砲・中田翔を抜く18号を放つ
8月17日、日本ハム対オリックス戦が行われ、
この試合に出場した大谷翔平投手が勝ち越しの2ランを放ちました。

これで今シーズンの通算ホームラン数は18本となり、
チームの主砲である中田翔選手の記録17本越えました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「(パ・リーグ、日本ハム4-2オリックス、
17回戦、日本ハム12勝5敗、17日、札幌D)
日本ハムは、大谷翔平投手(22)が勝ち越しの18号2ランを放ち、4-2で快勝。
首位ソフトバンクについに、0・5ゲーム差に迫った。

大谷は七回、2-2と追いついた直後の二死三塁で、山田の高めのカーブを強振。
打球は右越えの勝ち越し2ランとなった。

4番・中田の17本を超える18号で、チームではレアードの28本に次ぐ2番目。
まさに二刀流の活躍で、チームを勝利に導いた。

お立ち台に上がった大谷は
「真っすぐを待ってたけど、高めに浮いてきたので行くしかないと思って振りました。
打った瞬間、行くなと思いました」と満足そうに話した。

これで、ソフトバンクとは0・5ゲーム差。
「明日もあるので、勝って逆転できるように頑張ります」と
ファンの大声援に応えていた。」


やはり大谷がやってくれました。

ピッチャーながら18本もホームランを放つというのは凄いことですが、
その記録が球界きってのスラッガーである中田翔を越えるものだというのですから驚きです。

まさに怪物を越える怪物です。

これからも進化を続ける大谷翔平から目が離せません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック