cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
良くなるための新ルーループロ野球「併殺崩し」来季から新ルール検討
二塁ベース付近でランナーが併殺を防ぐために行う走塁、
いわゆる「併殺崩し」に関する新ルールを日本野球機構が検討しているそうです。

すでにメジャーリーグでは導入されており、
それについても情報収集が行われているそうです。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「プロ野球で二塁ベース付近で走者が併殺を防ぐために行う走塁(併殺崩し)について、
日本野球機構(NPB)が来季から新たなルールを検討していることが23日、
関係者への取材で分かった。

関係者によると、米大リーグ機構(MLB)で今季から導入された
「併殺崩し」の新ルールに関し、NPBでも情報収集を実施。
ルールの制定、改正を担当するNPB内の規則委員会でも、
MLBと同様の新ルールを導入できるかどうか協議しているという。

MLBでは「併殺崩し」と呼ばれるスライディングについて、
(1)走者は野手と接触をする目的で走路を変えることを禁止する
(2)スライディングの後、二塁ベースに手か足がついている-
などの新たなルールを採用した。

NPBでは本塁上での危険な衝突を防ぐことを目的に、
今季からコリジョン(衝突)ルールを導入した。
しかし「衝突」の判断をめぐって球団から改善を求める意見が相次ぎ、
シーズン後半早々の7月22日から基準を変更する異例の事態となった。

「併殺崩し」の新ルールが来季から導入された場合、
プレーの判断をめぐって混乱も予想されることから、NPBでは慎重に議論を進めていく。」


コリジョンルールが今季から導入され、ある程度の混乱を来しました。

もちろん選手を守るという意味でこのルールは大きな意味を持つわけですが、
それでもこの混乱は多くのチームにとって歓迎すべきことではありませんでした。

この併殺崩しに関する新ルールを導入するのであれば、
コリジョンルールの時のような混乱が起きることだけは避けなければならないでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック