cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
輝きを放つ彼女の美しさーレスリングの伊調馨に国民栄誉賞授与へ政府調整
オリンピック四連覇を達成した伊調馨選手に対し、
政府が国民栄誉賞を授与する方向で調整を進めていることが分かりました。


このことに関する記事が『朝日新聞デジタル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で優勝し、
4大会連続で金メダルを獲得した伊調馨選手(32)=ALSOK=に
政府が国民栄誉賞を贈る方向で調整を進めていることが25日、明らかになった。
五輪での4連覇は女子個人種目では史上初となる快挙で、同賞にふさわしいと判断された。
五輪関係者への取材でわかった。

伊調選手は青森県出身。
レスリング女子が4階級制だった2004年アテネ五輪から12年ロンドン五輪まで、
63キロ級で金メダルを獲得。
6階級制に変わった今年のリオデジャネイロ五輪では58キロ級に変更し、優勝した。
世界選手権は10度制している。

国民栄誉賞は
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者」を
たたえる目的で、1977年に制定された。
これまでスポーツ・芸能関係を中心に23例あり、
スポーツ関係では10人と1チームに授与されている。
レスリング界では吉田沙保里選手(33)に続いて2人目になる。」


伊調馨選手が達成した記録はまさに大偉業です。

伊調選手に国民栄誉賞を贈らずに誰に贈るといったところもあります。

是非とも国民栄誉賞の授与が実現してほしいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック