cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
再び舞い戻る―鹿島アントラーズ・石井正忠監督が現場復帰
8月30日、一時的にチームから離れていた鹿島アントラーズの石井正忠監督が復帰しました。

石井監督は「心労による体調不良」を理由に27日から戦列を離れていました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「心労による体調不良」で戦列を離れていた鹿島の石井正忠監督(49)が30日、復帰した。
茨城・鹿嶋市内で行われた練習に普段通りのジャージー姿で現れ、
詰めかけた報道陣と神妙な面持ちで握手。
選手の動きも終始、険しい表情で見守った。
この日朝の臨時役員会で続投が承認され、練習前のミーティングで選手に経緯を説明。
「クラブのために自分は変わる。選手も一緒になって変わっていってほしい」と話した。

石井監督は26日の練習前に突然、鈴木満常務取締役強化部長(59)に
「監督、リーダーとして自信を失ってしまった。続けられない」と辞意を伝えた。
27日のリーグ横浜戦を休養し、大岩剛コーチ(44)が監督を代行。
この日は5日ぶりに練習場のピッチに立ち、理由を初めて説明した。
今季は第1ステージでチームを優勝に導いたが、
7~8月に公式戦4連敗を喫し
「選手間で口論が多発し(今季前半のような)一体感がなくなっていた。
私の指導力のなさ。責任を感じていました」と話した。

20日の湘南戦では、交代させたFW金崎夢生(27)から握手を拒否され、口論に発展していた。
休養に追い込まれる前、直近の“事件”だっただけに、
ファンから心配の声が上がっていたが「ほとんど(原因では)ないです」と明言。
この日、金崎は練習を休んだが、前日から続く風邪と高熱のためで、
本人からは湘南戦の翌日に謝罪があった。
「夢生とは話をしているし、クラブとしても整理できている」と強調した。

第2ステージに入ってからの成績下降でチームが一体感を失ったと思い込み
「クラブハウスに来ること自体、怖くなってしまった。
(選手、コーチ時代を含め)鹿島24年で初めて」という。
ただ、不在だった横浜戦で
「選手が必死に頑張ってくれていた。
許されるなら、また指揮を執りたい」と覚悟を決め、クラブに頭を下げた。
練習場に「石井アントラーズ」の横断幕が掲げられていた中、
9月3日の天皇杯2回戦(対富山)に向けて再出発した。」


Jリーグの監督がこのような形で戦列を離れるのは異例のことでした。

もちろん不振により自分から責任を取って辞任するということはあります。

しかし一時的に離れるというのはなかなか聞く話ではありません。

辞めるという形ではなく一時的に離れるという方法が許されたのは、
やはり石井監督に対する周囲の期待感があったからでしょう。

戻った以上はその期待に応えねばなりません。

これからの鹿島アントラーズから目が離せません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック