cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
納得の受賞―レスリング・伊調馨に国民栄誉賞を授与することが決定!!
9月13日、女子個人種目で五輪史上初となる4連覇を達成した伊調馨選手に対し、
政府は閣議で国民栄誉賞を授与することを決めました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、
女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨(32)=ALSOK=に対し、
政府は13日の閣議で国民栄誉賞を授与することを決めた。

2013年の長嶋茂雄、松井秀喜両氏以来、23例目となる。

五輪で勝ち取った前人未到の記録に、大きな勲章が加わる。
8月25日に解団式を終えて所属先を訪れた伊調は、
国民栄誉賞に触れ「信じられないし、自分に似合ってない気もする」と控えめに語っていた。

レスリング界では、
世界選手権と五輪の計13大会連続世界一を達成した吉田沙保里(33)が
12年のロンドン五輪後に受賞した。
伊調も賞の重みを分かっており、
「国民栄誉賞は記録とかじゃない。
国民の皆さんに勇気や感動を与えられる人(がふさわしい)と思うので、
私にはまだかなと…」と語ったが、この後政府から栄誉賞授与の打診があったとみられる。

リオ五輪決勝では、残り3秒からの大逆転勝利を演じ、
04年アテネ、08年北京、12年ロンドン大会に続く4個目の金メダルを獲得。
14年に他界した母・トシさん(享年65)の遺影を抱え、
「最後は母が助けてくれた」とつぶやいたシーンは感動を呼んだ。
五輪全競技を通じて個人種目4連覇は女子初で、
男子を含めても陸上のカール・ルイス、
競泳のマイケル・フェルプスらに並ぶ5人目の記録で、文句なしの実績といえる。

スポーツ界からの国民栄誉賞は10例目で、五輪金メダリストとしては吉田のほか、
柔道・山下泰裕、女子マラソン・高橋尚子両氏が受賞している。

◆伊調 馨(いちょう・かおり)1984年6月13日、青森県生まれ。
32歳。中京女大(現至学館大)出身。
攻守に高い技術を持ち、
2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン、16年リオ五輪で
五輪全競技を通じて女子史上初の4連覇を達成。
世界選手権10度優勝。
03年3月から16年1月まで個人、団体を合わせ189連勝(不戦敗を除く)。166センチ。

◆国民栄誉賞 広く国民に敬愛され、
社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった人物、
団体の栄誉をたたえることを目的とする賞。
1977年の福田赳夫首相在任時に創設された。
内閣総理大臣による表彰のひとつで、民間有識者の意見を聞いた上で決定する。
同年9月にプロ野球・元巨人軍の王貞治さんが初めて受賞。
これまでにスポーツ、文化、芸能関係者22人と
1団体(11年サッカー女子W杯日本代表チーム)が受賞している。」


国民全員が納得の受賞だといえます。

逆にこれで授与しないほうが不思議といえるほどの大記録です。

本当に素晴らしいです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック