cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
終わりなきファンの思い―SMAP解散 続く草の根運動
SMAPの解散が8月に発表されて以来、
「世界に一つだけの花」の購買運動など、ファンによる草の根的な運動が続いています。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「12月31日での解散を発表した人気グループ「SMAP」をめぐり、
解散を惜しむファンによる“草の根運動”が続いている。
CDの購買運動に加え、
テレビ局にはメンバーがそろって出演した番組の再放送を求める声が殺到。
新聞の有料伝言板がメッセージで埋め尽くされる事態も起こり、
国民的グループ解散の衝撃は尾を引いている。

「25周年おめでとう!」
「最高にカッコイイ5人は永遠です」

SMAPがデビュー25周年を迎えた9月9日の東京新聞朝刊。
読者が有料でメッセージを掲載できる「東京くらしネットToKToK 伝言板」コーナーは、
グループの25周年を祝うファンのメッセージでほぼ埋め尽くされ、
中には「ずっとSMAPでいてください」と、グループ存続を望む声も掲載された。

SMAPの解散危機が報じられた今年1月以降、
ファンの間では、平成15年に発売されたシングルCD「世界に一つだけの花」の購買運動が過熱。
9月には、累計出荷枚数が300万枚を突破し、
「だんご3兄弟」以来2例目となる「トリプルミリオン」を、発売13年越しに達成した。

ファンの熱烈な意見はテレビ局にも殺到している。
メンバー全員が唯一そろって出演する「SMAP×SMAP」を放送しているフジテレビによると、
デビュー25周年を迎えた9月9日前後には、
ファンからのはがきが連日、100枚近く寄せられたという。
グループ解散に伴い、番組は年内での終了を発表しているが、
最終回の放送日やその内容については「鋭意検討中」としている。

一方、NHKには9月11日までに、
平成23年に放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル」や
「同“完全版”」の再放送を求める意見が3000件以上寄せられた。
番組はメンバー5人に初めて長期密着したドキュメントで、
東日本大震災の被災地を訪れた様子やステージの舞台裏などを追った内容だった。

NHK広報部は
「一般的に、番組を再放送するかどうかは、視聴者の声や権利関係など、
さまざまな要素を総合的に判断して決めています」と説明している。

一方、NHKの籾井勝人会長は8日の記者会見で、
SMAPが大みそか放送の「紅白歌合戦」に出場する可能性を問われ、
「ぜひ出てほしい」とラブコールを送った。
NHK会長自ら個別のアーティストの番組出演に言及するのは異例で、
NHKの出演交渉にかける本気度がにじむ。

国民的グループ解散の「Xデー」までおよそ3カ月。
最後の花道に向けて、ファンや関係者もまた、気をもんでいるようだ。」


これだけ愛され、解散に対してこれだけのアクションが起きるグループは珍しいといえます。

ジャニーズのファンは熱いとよく言われますが、
その中でもSMAPのファンは
SMAPの活動期間が長いことから分かるようにファン歴が長い方が多く、
その熱さはより一段とすごいものがあります。

そのファンが結集すれば、これくらいの運動は起こって当然だともいえるわけです。

SMAPの最後がどのような形で迎えられるかわかりませんが、
いずれにしても多くのファンが納得いく形で終わることが望ましいことだといえますね。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック