cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
番長が去る日―横浜DeNAベイスターズの三浦大輔が現役引退
「ハマの番長」の愛称で知られる横浜DeNAの三浦大輔選手が
今期限りで現役を引退することが発表されました。

プロ25年目での決断となります。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「DeNA三浦大輔投手(42)が今季限りで現役を引退することが20日、分かった。
午後に横浜市内で会見を行う。

精密なコントロールを武器に、プロ25年間で通算172勝を挙げた「ハマの番長」。
大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズと、
横浜一筋で愛された生粋の先発投手が、11年ぶりのAクラス確定を花道にユニホームを脱ぐ。
引退登板は、横浜スタジアムでの今季、
本拠地最終戦となる24日の巨人戦(午後2時開始)での先発が有力視される。

球界最年長の「ハマの番長」が決断を下した。
関係者の話を総合すると、三浦は今季限りで25年の現役生活に終止符を打つことを決めた。
今日20日の会見で本人の口から発表される。

四半世紀もの間、横浜一筋を貫いた。
同僚から愛され、ファンからも愛され続けてきた。
プロ2年目から継続する23年連続勝利はプロ野球タイ記録。
今季7月11日の中日戦で達成した24年連続安打の“世界記録”はギネス記録にも刻まれた。
大記録にもおごらず「球団に申請していただいて、すごく光栄です」と深々と頭を下げていた。

今季はここまで2試合の先発で、直近は16日の阪神戦(甲子園)だった。
4回1/3を投げ、被安打6、2失点で今季2敗目を喫した。
登板後は
「内容がどうであれ負けたらダメ。
気持ちを込めて投げたが、ボールをコントロール出来なかった。
チームが勝つためにやっている。
負けてしまった訳だからそれが全て」と悔しがった。

前人未到の24年連続勝利へ最後のチャンスが残されている。
本拠地最終戦となる24日の巨人戦でのラスト登板が最有力。
超満員の横浜スタジアムで大記録を達成し、有終の美を飾る。」


昨シーズンは山本昌、今シーズンは三浦大輔が引退ということで、
これまでプロ野球を引っ張ってきたベテラン投手が次々と球界を去っていきます。

ある意味で新しい時代がやってきたともいえるわけですが、
やはり常にあり続ける安心感でもあった投手の引退というのは寂しいものがありますね。

三浦投手、お疲れ様でした!!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック