cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
環境問題の先駆者―フランス、プラスチック製の使い捨て食器を禁止へ
フランスで使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が制定されました。

これは世界で初めてのことです。


このことに関する記事が『CNN.co.jp』に掲載されていたので以下で紹介します。

「フランスでこのほど、
使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が世界で初めて制定された。

同法は2020年1月に施行予定。
すべての使い捨て食器類について、
家庭用コンポストで堆肥(たいひ)にできる生物由来の素材を50%使うことを義務付ける。
2025年までにはこの割合を60%に引き上げる。

フランスは昨年、地球温暖化対策について定めた法律を制定しており、
今回の法律はその追加的措置となる。
同国は地球温暖化対策で世界を主導する存在となることを目指す。

フランスで廃棄される使い捨てカップは毎秒150個、年間では47億3000万個に上る。
そのうちリサイクルされるのは1%のみ。
ポリプロピレンとスチレン樹脂を混ぜて使っていることが主な原因だという。

一方、今回の法律に対しては欧州の食品容器メーカーでつくる業界団体が、
商品の自由移動を定めた欧州連合(EU)の法律に違反すると主張。
欧州委員会に対してフランスの法律を阻止するよう要請するとともに、
同国を相手取った法的措置を検討していることを明らかにした。

フランスはロワイヤル環境相が打ち出した計画に基づき、
2025年までにごみの埋め立て量を半減させ、
地球温暖化ガスの排出量を2030年までに1990年に比べて40%削減することを目標としている。
今年7月にはスーパーのレジ袋が全面的に禁止された。

レジ袋禁止はほかにもバングラデシュや南アフリカ、中国など6カ国で実施されている。」


フランスは今、地球温暖化対策の先駆者になろうとしています。

ではなぜ先駆者になろうとしているのかというと、
そこにはもちろん地球温暖化を憂う気持ちというものもあるのでしょうが、
一番大きいのは地球温暖化対策のキャスティング・ボートを握りたいという気持ちがあるからです。

地球温暖化対策は世界のどの国も取り組まなければいけないとされる重要課題です。

しかしながら、その対策が進んでいるかというと、なかなかそうとは言えない現状があるわけです。

そういった中で、世界の中でこの課題の先駆者になること、これは大きな意味を持つわけです。

地球温暖化対策には各国大きな予算が割かれています。

つまり世界規模でみるととんでもない金額が動いているわけです。

そこに目を付けたのがフランスで、今回の先進的な取り組みにつながっているのです。

それに比べると日本は後れを取っていますが、
この課題に対してどのような対策・態度をとれるかは
これからの世界の立ち位置を決める上でも重要なことだと言えます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック