cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
幕を閉じる時―「さんまのまんま」が31年半の歴史に幕 最後のゲストは森昌子
人気長寿番組『さんまのまんま』が24日、最終回を迎えました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「明石家さんま(61)が司会を務める関西テレビ(カンテレ)の人気長寿トーク番組
「さんまのまんま」(土曜後1・56、関西ローカル)が24日、最終回を迎えた。
歌手の森昌子(57)が最後のゲストを務め、さんまと軽快なトークを展開。
31年半の歴史に幕を下ろした。
関東地区(フジテレビ)は25日午後1時から放送。

森の出演は10年ぶり。
最終回のゲストは元妻で女優の大竹しのぶ(59)長女でタレントのIMALU(27)、
タモリ(71)ビートたけし(69)らが予想され、注目を集めていた。

さんまと森は昔からの知り合い。
さんまが「うるさいおばちゃんですね」と出迎えると、
森は「おじちゃんにおばちゃんって言われたくない」と笑って切り返し、冒頭から遠慮ない“バトル”。
長男でロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル・Taka(28)について話題が及ぶと、
森は「中学の終わりくらいに歌を歌いたいと突然言い出したんです」と語った。

「まんま」の通称で親しまれた番組は1985年4月にスタート。
初回のゲストは女優の榊原郁恵(57)だった。
放送回数は1400回以上。さんまの自宅に見立てたセットで、数々の爆笑トークが展開された。
関西地区は2009年4月から現在の土曜の昼に移行。
関東地区は09年10月から日曜午後1時台に移行した。

エンディングは、森と番組キャラクター“まんまちゃん”が「あっち向いてホイ」対決。
森が勝利し“まんまちゃん”がゴリラのモノマネを披露。
今後は特番として継続するためか、レギュラー放送を終えることには触れず、
通常回と変わらぬ形で31年半の歴史に幕を下ろした。

10月7日に「さんまのまんま 秋の夜長に旬なあの人たちが勢揃いSP」を放送。
フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)
俳優の本木雅弘(50)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演中の女優・相楽樹(21)杉咲花(18)らが出演する。」


最終回っぽくない最終回とは何ともこの番組らしい終わり方といえます。

ま、記事にもある通り、
これからも継続的に特番が放送されることからこの終わり方になったとも言えるわけですが、
それでも感傷的な雰囲気を嫌う明石家さんまさんの番組らしさのようなものをここから感じます。

見事だと言えます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック