cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
討論会の勝者は?―クリントンVSトランプ、討論会で激しい舌戦
9月26日、米大統領選の第1回討論会が開催され、
民主党候補のクリントン前国務長官と共和党候補のトランプ氏が激しい舌戦を繰り広げました。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「米大統領選の民主党候補、クリントン前国務長官と共和党候補、トランプ氏の第1回討論会が26日、
ニューヨーク州ヘンプステッドのホフストラ大学で開かれ、初めて2人が直接対決した。
女性初の大統領を目指すクリントン氏が、
日韓の核武装を容認したトランプ氏の発言の危険性を指摘したのに対し、
トランプ氏は日韓の駐留米軍経費の負担増を重ねて主張。
激しい舌戦になった。

討論会後にCNNテレビが実施した世論調査によると、
クリントン氏が勝ったと答えたのは62%だったのに対し、トランプ氏と答えたのは27%にとどまった。

クリントン氏はトランプ氏が日韓の核武装を容認する発言をしたことを挙げ、
核拡散を「世界が直面する第一の脅威」と指摘。
「日韓との同盟を再確認したい」と述べた。

これに対し、トランプ氏は日韓やドイツによる米軍駐留経費の負担増を重ねて主張。
北朝鮮の核実験に関し、同国に影響力を持つ中国に「彼らが問題を解決すべきだ」と迫った。

トランプ氏はまた、
オバマ政権下で中国などの外国に雇用や富が奪われたと指摘するとともに、
自由貿易協定を再交渉すると断言。
クリントン氏が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を推進しながら反対に転じた変心を批判した。

トランプ氏はクリントン氏を猛追しており、
米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の
最近世論調査の支持率平均値は2・3ポイント差となっている。

11月8日の大統領選の行方に影響する今回の討論会は全米に中継され、
総人口の3分の1に当たる約1億人が視聴したと予想される。
討論会は2回目が10月9日、3回目が同月19日で計3回の予定。
副大統領候補による討論会も10月4日に行われる。」


この討論会は大統領選に大きな影響を及ぼします。

ゆえに討論会で勝ったという印象を有権者に与えられるかが重要になってくるわけです。

そういった中で今回の討論会ではクリントン氏に軍配が上がったようです。

最近の支持率調査を見ているとトランプ氏が勢いに乗っている感がありましたが、
やはり経験の差、勉強量の差は歴然でした。

もっともっと色々なことを学ばなければトランプ氏の勝利は難しいでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック