cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
祈りをささげる―事故死の若きエースの「16」がマーリンズの永久欠番に
9月26日、マーリンズのホセ・フェルナンデス投手が不慮の死を遂げてから初めてとなる試合が行われ、
メッツに7対3で勝利し、若きエースの死に勝利をささげました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「マーリンズ-メッツ」(26日、マイアミ)

マーリンズの若きエース、ホセ・フェルナンデス投手(享年24)の事故死から一夜明けたこの日、
全体練習前のクラブハウスではチームミーティングを開かれ、
フィールド上に姿を見せた選手たちは一様に硬い表情で2日ぶりの試合に備えた。

場内の大型スクリーンには同投手の背番号「16」が映し出され、
練習中はマウンド上に同投手が使用していた帽子とグローブを置かれた。

チームメートのゴードンは本拠地の練習では掛けることのないサングラスをして、
胸に「RIP(安らかに眠りください)」が入ったTシャツを着用。
ディートリックは帽子に同投手のイニシャル「JDF」と「16」をペンで書き入れるなど、
思い思いの形で哀悼の意を表した。

ベンチスタートのイチローは、いつもと同じスタイルで黙々と練習メニューをこなした。

試合前のベンチで取材に応じたサムソン球団社長は、この日の試合で選手、
首脳陣全員が背中に「16」と「FERNANDEZ」の入ったユニホームを着用してプレーすること、
27日以降は袖に特製ワッペンのついたユニホームを使用することを発表。
プレーボール直前に選手たちがフィールドに姿を見せると、観客席から大きな拍手が起こった。

前日の緊急会見には出席せず、
声明文で哀悼の意を表したローリエ球団オーナーは試合前に取材に応じ、
「球団にとって大きな損失だが、前に進むしかない」とコメント。
さらに「16のユニホームを再び、着る選手はいないだろう」と「16」を永久欠番にする意向を示した。

球場周辺の一角には献花コーナーが設けられ、
ファンたちが長蛇の列をなし、メッセージボードに惜別の言葉を書き込んだ。」


将来を嘱望されていた若きエースの死はメジャーリーグ全体に大きな悲しみをもたらしています。

それはチームメイトであるイチロー選手も同様で、
イチロー選手はこのメッツ戦でヒットを放ちましたが、
記者から特別な試合で1安打したことを質問されると、
「うーん」としばらく考えた後に「この1本は彼にあげます」と語ったそうです。

家族にとっても、チームメイトにとっても、ファンにとっても、
あまりに突然で、あまりに悲しすぎる死でした。

合掌。今はただ安らかに。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック