cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
日本代表のピンチ?―長友佑都選手、脳しんとうで日本代表を離脱
サッカー日本代表の長友佑都選手が練習中に頭を強打し、
脳しんとうを起こしているということでチームを離脱すると発表されました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「サッカー日本代表は7日、
さいたま市内での練習中に頭部を強打したDF長友佑都(30)=インテル=が、
脳しんとうでチームを離脱すると発表した。
追加招集はしない。
DF酒井宏樹(26)=マルセイユ=が出場停止で、
先発が濃厚だったロシアW杯アジア最終予選、オーストラリア戦(11日・メルボルン)の欠場が決定。
サイドバックの人材が手薄な状態で、予選最大の難敵と対戦することになる。
チームは同日夜、成田空港からチャーター機で出国した。

ハリル・ジャパンに衝撃が走った。
DF長友の離脱決定。
練習で頭部を強打し、埼玉県内の病院で精密検査を受けた結果「脳しんとう」と診断された。
ナショナルチームダイレクターの霜田正浩氏によると、意識ははっきりとしており、痛みもない状態だが、
2次的な被害を防ぐ目的で日本サッカー協会が示した「脳しんとうに対する指針」に基づき、
「帯同をあきらめた」(同氏)という。

対人練習中に起きた“事故”だった。
起き上がろうとした長友の上からDF槙野が倒れこんだ。
その際に槙野のひざが側頭部を直撃。
あおむけに倒れた。数分後に立ち上がり、練習再開への意欲を示したが、
チームドクター2人とハリルホジッチ監督に制止され、最終的にはロッカールームに引き揚げた。
ハリル監督も軽傷を祈るように長友の頭を何度もなでたが、離脱という結果が待っていた。

チームに与える影響は大きい。右サイドバックDF酒井宏が出場停止のオーストラリア戦では、
イラク戦(6日・埼玉)で左サイドバックを務めた酒井高を右に移し、
長友は左サイドバックでの先発が見込まれていたからだ。
日本協会は追加招集をしない方針。
チームで他にサイドバックをこなせる選手は
DF太田宏介(29)=フィテッセ=と槙野の2人だけと手薄な状況になった。

太田は左サイドバックのスペシャリストだが、
このチームで先発したのは昨年8月の韓国戦が最後でブランクがある。
槙野は本職ではなく左サイドバックで先発したことがない。
オーストラリアに計算できない戦力で臨むことは大きな不安要素だ。
敗れれば、再び進退問題に発展する一戦。長友離脱に「残念がっていた」というハリル監督だが、
サッカーに誤算はつきもの。
指揮官の真価が問われる一戦になる。」


先日のイラク戦を辛くも勝利した日本代表にとって長友選手の離脱は大きな痛手です。

オーストラリア代表は日本代表にとって苦手とする相手だけに、
万全な状態で臨みたかったというのは正直なところです。

しかしこうなってしまった以上は現在の状態で最高のパフォーマンスをするしかありません。

日本代表が最高のパフォーマンスを見せてくれることに期待です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック