cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
かつての名セッターが監督に―中田久美氏がバレーボール女子日本代表監督就任へ
真鍋政義監督が退任することになったバレーボール女子日本代表ですが、
次期監督に元代表選手でセッターとして活躍した中田久美氏が起用される見通してあることが分かりました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「バレーボール女子日本代表を12年ロンドン五輪銅メダルに導いた真鍋政義監督(53)が退任し、
後任に元代表セッターでプレミアリーグの久光製薬を率いる中田久美氏(51)が
就任する見通しであることが12日、分かった。
20年東京五輪を視野に入れた人選で女性監督としては
82年の生沼スミエ以来、五輪で指揮を執れば初となる。

日本協会は先日の女子強化委員会で
真鍋監督の退任に伴う次期監督選びで候補を中田氏に一本化することを決めたという。
25日の理事会で正式決定する。
就任時期は未定。

中田氏は長く代表の中心選手を務め、84年ロサンゼルス五輪は銅。
12年から久光製薬の指揮を執り、プレミアリーグを3度、全日本選手権は4度制した。

男子代表監督はプレミアリーグ、堺の監督を務めた中垣内祐一氏(48)を軸に調整が進んでいるが、
南部正司監督(49)が留任する可能性もある。

◆中田 久美(なかだ・くみ)
1965年9月3日、東京・練馬区生まれ。51歳。
中学1年からバレーボールを始め、中学3年だった80年に全日本入り。
五輪は84年ロサンゼルスから3大会連続で出場し、ロサンゼルスでは銅。
08年にセリエA・ヴィチェンツァ、09年にノヴァーラのコーチを経て、
12年に久光製薬監督に就任し、4季で3度リーグ優勝。」


中田久美さんといえば自分の中では怖い人というイメージがあります。

かつて放送されていた『ジャンクSPORTS』の中で、
はしゃぐ日本代表選手を怒るというVTRが繰り返し流されていたことがそう思う原因ですが、
やはり監督ともなると鬼監督的な指導をするのでしょうか。

そんなところにも注目です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック