cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
女王の死―1995年のオークス馬ダンスパートナー死す
1995年のオークス馬で、
1996年のエリザベス女王杯でも勝利した名牝・ダンスパートナーが14日、死去しました。

24歳でした。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「95年オークス、96年エリザベス女王杯のG1・2勝を挙げたダンスパートナー(牝)が14日、
蹄葉炎のため療養していた北海道千歳の社台ファームで死んだ。
24歳だった。

重賞3勝のエアダブリンを半兄に、96年菊花賞馬ダンスインザダークを全弟に持つ良血馬で、
栗東・白井寿昭厩舎から95年1月の新馬戦でデビュー。
続くエルフィン、チューリップ賞、桜花賞では全て2着に敗れたものの、
オークスで見事に勝利を決めた。
同年夏にはフランス遠征を敢行。
初戦のノネット賞・仏G3で2着に好走したが、本番のヴェルメイユ賞・仏G1では6着に敗れた。

帰国後は菊花賞に参戦して牡馬に交じって1番人気に推されるもマヤノトップガンの5着。
その後は96年京阪杯、エリザベス女王杯で勝利を挙げ、同年の最優秀5歳以上牝馬に選出された。
97年有馬記念14着を最後に、
通算25戦4勝(うちG1・2勝を含む、重賞3勝、海外3戦0勝)で引退した。

繁殖牝馬としては重賞2勝を挙げたフェデラリストなどを輩出。
16日に行われる秋華賞には、
全妹ダンスインザムードの子で、めいっ子に当たるカイザーバルが出走する。

社台ファーム・池田充場長
「オークスを勝ったことはもちろんですが、
仏遠征で敗れはしたもののヴェルメイユ賞で1番人気に推されたことが
驚きとともにうれしかったことを覚えています。
20歳を超えるまでよく頑張ってくれました。
この血統をこれからも大切に育てていきたいと思います」」


ダンスと名の付く馬に対する期待感、これは日本の競馬ファンに共通するものでしょう。

その期待の礎というか、最初の土台を作り上げたのがダンスパートナーでした。

もっとG1を勝ってもおかしくはない実力の持ち主でしたが、
G1のタイトルよりも海外への挑戦をしてみたりと、
結果だけにはとらわれない活躍を見せた馬でもありました。

まさに先駆者(先駆馬?)でした。

今はただ安らかに。合掌。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック