cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
今明かされる真実―シェークスピアの17作品は共著だった!!
ウィリアム・シェークスピアの著作とされる17作品が共著であったことが分かりました。


このことに関する記事が『AFP=時事』に掲載されていたので以下で紹介します。

「英劇作家ウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare)の著作とされている17作品が、
他の作家との共著であることがこのほど分かった。
今月刊行の作品集の新版で明らかにされた。
共著については、ビッグデータの利用から判明したという。

この新刊によると、史劇3部作「ヘンリー六世(Henry VI)」は、
シェークスピアとライバル関係にあったとして知られる
クリストファー・マーロウ(Christopher Marlowe)が共著者だったという。

新版の編集は2009年1月に始まり、
5か国の研究者18人が著作者の問題をめぐり激しい議論を重ねた。

編集者らによると、
シェークスピアとマーロウは互いに影響を与え合うライバルではなく、
1591年に書かれたとされている「ヘンリー六世」を共に手掛けたことが明らかになったという。

研究ではビッグデータを使い、
階級など当時の特定の社会集団に固有の「社会方言」や、
個人に特有の言語習慣を検証。
同時代の他の作家と比較して、
作家が多用していた単語や表現を特定した。

編集に携わったフロリダ州立大学(Florida State University)のゲイリー・テイラー(Gary Taylor)氏は、
「マーロウが3部作の全作品の一部を書いたことは、
研究チームのメンバー全員が確信している」と述べた。」


その時代に生きていた人でなければ分からないことが分かる、
これだけ聞けば神の領域ですが、
このニュースを見ればわかるようにそれが現実のものとなったのです。

凄いことです。

シェークスピアの価値がこれで落ちることはないでしょう。

この事実がさらに解き明かされ、シェークスピアの真実が見えてくることに期待したいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック