cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
永久に残る本物の男の輝き―広島カープ・黒田博樹の「15」が永久欠番に
日本シリーズは北海道日本ハムファイターズの勝利で幕を閉じました。

2連勝をしながらその後、4連敗を食らっての敗戦となった広島カープにとっては悔しい幕切れとなりました。

この日本シリーズの終了により、一人の男の現役生活が終了しました。

その男とは広島カープ・黒田博樹投手です。

このたび黒田投手のつけていた背番号「15」が永久欠番になることが決まりました。


このことに関する記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「広島が今季限りでの現役引退を表明した黒田博樹投手(41)の背番号「15」を
永久欠番とする方針を固めたことが30日、分かった。

広島では、
ともに1970~80年代の黄金期を代表する強打者だった山本浩二氏の「8」、
衣笠祥雄氏の「3」が永久欠番となっている。

黒田は1997年から広島で11年間プレーした後、
フリーエージェント権を行使して米大リーグのドジャースに移籍し、ヤンキースでも活躍。
メジャー球団からの高額オファーを断って、
広島に昨年復帰し、今季は25年ぶりのリーグ制覇に貢献した。
日米通算で203勝を挙げている。

球団幹部は
「苦難の歴史と優勝を経験した黒田が、
(広島に復帰して)お金以外の価値観があるという一石を投じてくれた」と話した。」


広島ファンにとって黒田投手は「本物の男」と呼ぶにふさわしい存在です。

そんな黒田投手の番号が永久に残るというのは広島ファンにとって嬉しいことです。

「本物の男」の輝きは永久に残ります。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック