cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
大型の取引―巨人・大田&公文と日本ハム・吉川&石川慎の2対2でトレード成立
巨人・大田泰示選手&公文克彦選手と、
日本ハム・吉川光夫選手&石川慎吾選手による2対2のトレードが成立しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「巨人・大田泰示外野手(26)、公文克彦投手(24)と、
日本ハム・吉川光夫投手(28)、石川慎吾外野手(23)による
「2対2」の交換トレードが成立したことが2日、スポーツ報知の取材で分かった。
大田は08年のドラフト1位、吉川は06年の高校生ドラフト1巡目で12年のMVP左腕。
「ドラ1」同士の大型トレードとなる。

大田は東海大相模高で高校通算65本塁打を放ち、松井秀喜さんの背番号「55」を継承した。
入団5年で2本塁打に終わり、6年目の14年から背番号「44」に変更。
昨季は10試合で4番を務め、今季は62試合で打率2割2厘、4本塁打、13打点だった。
日本ハム・大谷から先頭打者本塁打を放つなど、日本人離れしたパワーは折り紙付き。
球団には、まだ26歳と若い未完の大器に対し、
環境を変えることで全能力を発揮してほしいという思いも強く、
今季の日本一チームでのプレーが実現することになった。

吉川は広陵高から日本ハムに入団。
12年に14勝5敗、防御率1・71の好成績を挙げ、最優秀防御率、MVPに輝いた。
14年には開幕投手を務め、昨年は2度目の2ケタとなる11勝をマークした。
今季も序盤から先発としてチームを支え、終盤には抑えも経験。
プロ初セーブを挙げ、7勝6敗3セーブ、防御率4・19だった。

パワーヒッターを求める日本ハムと、投手陣の整備を進める巨人の思惑が一致。
また、両選手に加え、日本ハムが変則中継ぎ左腕の公文を獲得し、
右の代打が手薄な巨人が左投手に強い石川を補強する。
日本シリーズ終了直後、来季のV奪回を目指す巨人と2年連続日本一を狙う日本ハムの間で、
積極的な大型トレードが成立した。

◆大田 泰示(おおた・たいし)
1990年6月9日、広島・三次市生まれ。26歳。
東海大相模高で通算65本塁打し、08年ドラフトで巨人、ソフトバンクが1位競合。
原辰徳監督(当時)がくじを引き当てた。
通算225試合、打率2割2分9厘、9本塁打、40打点。
188センチ、95キロ。右投右打。今季年俸2100万円。

◆公文 克彦(くもん・かつひこ)
1992年3月4日、高知県生まれ。24歳。
高知高3年時、
夏の甲子園で史上初の2日連続降雨ノーゲームを経て、再々試合で如水館(広島)に勝利。
大阪ガスから12年ドラフト4位で巨人に入団。
通算15登板で0勝0敗、防御率3・07。
173センチ、78キロ。左投左打。今季年俸850万円。

◆吉川 光夫(よしかわ・みつお)
1988年4月6日、福岡市生まれ。28歳。
広島・広陵高から06年高校生ドラフト1巡目で日本ハム入団。
12年にMVP、ベストナイン、最優秀防御率を獲得。
通算162登板、48勝56敗3セーブ、防御率3・71。
左投左打。今季年俸は9500万円。

◆石川 慎吾(いしかわ・しんご)
1993年4月27日、大阪府生まれ。23歳。
東大阪大柏原高から11年ドラフト3位で日本ハムに入団。
通算103試合、打率1割9分3厘、3本塁打、23打点。
178センチ、76キロ。右投右打。今季年俸1000万円。」


大型トレードが成立しました。

吉川選手がトレードに出されることは予想できませんでしたね。

太田選手は新天地で心機一転、これまでを超えるような活躍をして欲しいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック