cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
豊作の2016年―『ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語が発表
11月17日、『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語が発表されました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「今年最も話題となった言葉を選ぶ
『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)のノミネート30語が17日、
同賞事務局より発表された。
今年度の傾向として
「例年と比較すると、各分野でバランスよく言葉が生まれ、豊作ともいえる年」と分析している。

同事務局は、
「“神ってる”をはじめとしたネット発信の言葉の多さと、声に出す流行語より文字による言葉が氾濫。
そのため、過激な言葉が多く、上り坂、下り坂ではなく“まさか”と思われる言葉も出現した」と総括。
また「同時に、1つの現象で複数の新語・流行語が生まれている」と、豊作の1年を振り返った。

◇ノミネート30語は以下の通り
アスリートファースト/新しい判断/歩きスマホ/
EU離脱/AI/おそ松さん/
神ってる/君の名は。/くまモン頑張れ絵/
ゲス不倫/斎藤さんだぞ/ジカ熱/
シン・ゴジラ/SMAP解散/聖地巡礼/
センテンススプリング/タカマツペア/都民ファースト/
トランプ現象/パナマ文書/びっくりぽん/
文春砲/PPAP/保育園落ちた日本死ね/
(僕の)アモーレ/ポケモンGO/マイナス金利/
民泊/盛り土/レガシー」


2016年は流行語という意味ではまさに豊作といえる年でした。

「ゲス不倫」と「センテンススプリング」でノミネートされていますが、
ベッキーの不倫騒動は世間を驚かせました。

今年中ずっと話題になっていたといえば、
「SMAP解散」のニュースは多くの国民の関心事でもありました。

芸能・政治・スポーツなど幅広い分野において流行語が誕生しましたが、
果たして大賞を取るのはどの言葉なのでしょうか。

発表は12月1日です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック