cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
あの名司会者が思わぬ苦戦-『フルタチさん』の視聴率が5・8%を記録
11月からスタートした古舘伊知郎さん司会の『フルタチさん』が苦戦を強いられています。

11月20日放送分の視聴率は5・8%だったそうです。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「11月にフジテレビ系でスタートした
フリーアナウンサー・古舘伊知郎のトークバラエティー「フルタチさん」(後7・00)の
20日放送分の関東地区平均視聴率が5・8%と、
テレビ東京を含め同時間帯で全局で最低だったことが21日、わかった。

6日の初回は8・2%、13日は8・1%だったが、3回目の放送で5%台に落ち込んだ。

同時間帯では、
日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」(後7・00)が18・1%、同「世界の果てまでイッテQ!」(20・2)と、
人気バラエティー2本連続の放送でいずれも10%台後半から20%台前半と止まらぬ勢い。

NHK大河ドラマ「真田丸」(後8・00)も14・2%と数字を維持しており、激戦が続いている。

テレビ朝日系バラエティー「日曜もアメトーーク!」(後6・57)は8・8%、
TBS系バラエティー「チン種目No.1は誰だ!?ピラミッドダービーSP」(後7・00)は7・1%。
テレビ東京系「もやもやさま~ず2」は6・0%だった。

「フルタチさん」は世の中の「引っかかること」を、古舘が持ち前のトーク力で掘り下げていく内容。
21日の放送では、米ニューヨークで売られているカラフル過ぎるベーグルについて調査したり、
蚕の生態について調査した結果などを古館のノンストップトークを交えて伝えた。
(数字はビデオリサーチ日報調べ)」


長らくキャスターを務めた『報道ステーション』を卒業し、
古舘伊知郎さんは久しぶりにバラエティ番組に復帰しました。

古館さんといえば、かつては数多くのバラエティ番組に出演し、
その卓越したトーク技術で場を圧倒していました。

その圧巻のトーク技術は昔も今も変わっていないように見えます。

しかしながら今の古館さんからはキャスターの匂いが感じられ、
かつてのようなバラエティの古舘伊知郎という風には見られないのです。

それが視聴率にも表れているのかもしれません。

徐々にキャスターの匂いが消えていくであろう、これからが本当の勝負だといえるでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック