cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『君の名は。』 声の出演:神木隆之介、上白石萌音など 監督:新海誠



今回は『君の名は。』について書いていきたいと思います。


内容
1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。

山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、
町長である父の選挙運動や、
家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。

それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、
ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。

夢では東京での生活を楽しみながらも、
その不思議な感覚に困惑する三葉。

一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。

やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。


感想
今年一番の大ヒット映画です。

自分も遅ればせながら映画館で観ました。

ヒットしているということはそれなりに面白いんだろうな程度で見始めたのですが、
最後30分ほどは大号泣で、
最終的には見終わった後もしばらく作品の余韻から抜け出せないほど感動しました。

新海監督の街並みのリアルな描写に引き込まれ、
そしてストーリーの深さ、そして主人公の二人の青春の輝きに心を奪われてしまいました。

高校生の男子と女子の中身が入れ替わるというのはよくある設定ではありますが、
その設定で描かれた映画の歴史を塗り替えるほどの映画であることは間違いありません。

絶対に一度は観てほしい映画です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック