cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
本命の優勝―1番人気サトノダイヤモンドが「有馬記念」を制覇
12月25日、中山競馬場にてG1「有馬記念」が行われ、
ルメール騎手騎乗のサトノダイヤモンドが勝利しました。

これはサトノダイヤモンドにとって通算2度目のG1制覇です。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「12月25日の中山10Rで行われた第61回有馬記念(3歳以上オープン、
GI、芝・内2500メートル、定量、16頭立て、1着賞金=3億円)は、
クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が制し、
菊花賞に次ぐGI・2勝目を挙げた。タイムは2分32秒6(良)。

レースはマルターズアポジーが逃げ、2番人気のキタサンブラックは2番手。
さらに昨年の覇者で3番人気のゴールドアクターが続いた。
サトノダイヤモンドは中団から徐々にポジションをあげて向こう正面では3、4番手へ。
最後の直線入り口で最内からキタサンブラックが先頭に立ち、
その外をゴールドアクターが追走したが、
サトノダイヤモンドがグイグイと脚を伸ばしてゴールドアクターをかわすと、
ゴール前でクビ差でキタサンブラックを差した。
ゴールドアクターはさらに1/2馬身差の3着。

◆クリストフ・ルメール騎手
「(感動で涙を浮かべながら)あまりしゃべれません…。
サトノダイヤモンドは新馬のときから(すべて)乗っていたので、
有馬記念を勝ててすごくうれしいです。
3歳で勝つのは難しいですけど、ポテンシャルが高くて、スーパーホースになりました」

サトノダイヤモンドは、父ディープインパクト、母マルペンサ、母の父オーペンという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、里見治氏の所有馬。
通算成績は8戦6勝。
重賞は2016年きさらぎ賞・GIII、神戸新聞杯・GII、菊花賞・GIに次いで4勝目。
有馬記念は、池江泰寿調教師が09年ドリームジャーニー、11、13年オルフェーヴルに次いで4勝目。
クリストフ・ルメール騎手は05年ハーツクライに次いで2勝目。」


今年の「有馬記念」は大本命の優勝に終わりました。

1着が1番人気、2着が2番人気、3着が3番人気という
なかなか無いようなガチガチの結果に終わったわけですが、
「有馬記念」でガチガチの結果はかなり珍しい感じがします。

今回のレースを見ても、サトノダイヤモンドは相当強いですね。

今後の更なる活躍が期待されます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック