cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
最後の雄姿―『SMAP×SMAP』最終回23・1%で有終の美
12月26日、『SMAP×SMAP』の最終回が放送されました。

最終回の平均視聴率は23・1%だったそうです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「大みそかで解散する国民的グループ・SMAPの冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ、月曜後10・00)が
26日に午後6時半からの約5時間の特番で最終回を迎え、
1996年4月15日のスタート以来、20年9カ月の歴史に幕を下ろした。
最終回の番組平均視聴率は23・1%(後10・00~11・18)だったことが27日、分かった。
大台超えで有終の美を飾った。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

瞬間最高視聴率は午後11時7分の27・4%。
メンバー5人によるラスト歌唱、今世紀最大のヒット曲「世界に一つだけの花」を歌い終えた場面。
5人がお辞儀をし、中居正広(44)が背を向けて両手で何度も涙を拭う姿が映し出されたシーンだった。

第1部は平均14・1%(後6・30~7・00)、第2部は平均17・4%(後7・00~10・00)。

数々の名場面で構成された最終回。
メンバーの生出演やメッセージはなく、
番組の最後に今月1日に収録された5人による最終歌唱、代表曲「世界に一つだけの花」が披露された。
この歌唱シーンがメンバー全員による最後の姿。
SMAPの活動も実質的にはこれが最後となった。

メンバー全員が出演し、コントや料理を披露。
新たなアイドル像を築く画期的な番組となった。
SMAPの年内解散に伴い、今年8月に「継続不可能」と番組終了が発表された。

番組歴代最高視聴率は2002年1月14日の関東地区34・2%、関西地区36・5%。
不祥事のため01年8月から謹慎中だった稲垣吾郎(43)が生放送で芸能活動を再開した時だった。

分裂危機の渦中にあったメンバー5人が生放送で謝罪した今年1月18日は平均31・2%(関東地区)。
今月19日に放送された人気コーナー「ビストロSMAP」の最後のゲストは親交の深いタモリ(71)。
平均16・3%(関東地区)と高視聴率を記録した。」


遂に終わってしまいました。

「紅白」への出場もないとのことで、これがSMAPの最後の雄姿ということになりました。

何とも寂しいです。

SMAPがもう見られないんだということが未だに信じられません。

出来ることなら「解散やめた」と言ってほしい。

これはみんなに共通する思いでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック