cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『遅読家のための読書術―情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』 印南敦史



今回は印南敦史著
『遅読家のための読書術―情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』
について書いていきたいと思います。


内容
元・遅読の書評家が教える本を読むのがラクになる方法
僕はいま書評家として「LifeHacker[日本版]」「NewsWeek日本版」などのニュースサイトに、
月60本近くのブックレビュー記事を寄稿しています。
つまり、単純計算でも年間読書量は700冊以上のペース。

そんな話をすると驚かれますが、なにを隠そう、僕もかなりの「遅読家」です。
ちょっと試しに、手元の本で計測してみたところ、1ページを読むのにだいたい5分弱かかりました。

とはいえ本書は、いわゆる「速読術」の本ではありません。
「過去の僕と同じような悩みを抱えている人」のための読書術の本です。

「情報洪水」でも疲れない
あたらしい「本の読み方」
「昔は読書家だったのに、ここ数年、本が読めなくなった」
そういう人も増えていますよね。

スマートフォンでSNSやニュースを見るようになって以来、僕たちの「読み方」が変化しています。
「新しい読み方」と「これまでの読み方」とのあいだで真っ二つに引き裂かれているわけです。

「本を読む人生」は、きっとすばらしい
そこで残された道は2つ。
本が読めなくなっていく自分を、このまま放置するか。
それとも、「新しい読み方」を身につけて、「本のある人生」を取り戻すか。

後者の道を選ぶ人のために、この1冊ををまとめました。
読書によって頭がよくなるとか、仕事ができるようになるとか、お金持ちになれるとか……
この際、そういったことはいわないでおきましょう。

読書そのものの楽しみを知っている人、
だけど、現状の読書量や読書スピードに不満がある人に役立つ考え方やメソッドを多数盛り込みました。


感想
本を記憶しようとする「ストック型」から「フロー型」への読書法の転身を本書は勧めます。

本を深く読み記憶しようとする読書は古くからの「呪縛」だと本書は説きます。

確かにそうかもしれません。

肩ひじを張ってする読書、背伸びする読書もいいですが、そればかりでは疲れてしまいます。

本書に書かれている「フロー型」の読書法を実践すれば、
本来の読書の楽しさ、数をこなしていくことの楽しさを知ることが出来るでしょう。

読書の呪縛から自分を解き放とう!、これは遅読家に対する重要な示唆だと言えます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック