cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ベテランの決断―横浜マリノスが中村俊輔の磐田への完全移籍を発表
横浜マリノスが中村俊輔選手のジュビロ磐田への完全移籍を発表しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「横浜MF中村俊輔(38)が磐田に移籍することが8日、両クラブから発表された。
背番号は「10」で、関係者によると契約期間は2年だという。
中村はこの日、横浜市内で取材対応した。
黒のスーツで姿を見せた中村は
「マリノスのサポーターの方の前で報告したかった。
タイミングが合わなかった。申し訳ないし心残り」とした上で、
「サッカーは楽しんだり練習したことを試合に出して、
うまくいかなかったことを見直して次の試合まで上達を目指す…そのサイクルに戻りたい。
純粋にボールを追っ掛けたい」と移籍の理由を明かした。

横浜は、14年から
イングランドの強豪マンチェスター・シティーを傘下に置く
シティー・フットボール・グループと資本提携を結び、その影響力が大きくなった。
特に今季は、クラブが急激な若返りを図り、
DF小林の戦力外、DF中沢への年俸半額提示と激震が走った。
練習環境面ではクラブハウスがなくなり、横浜市内のグラウンドを転々とする日もあった。
求心力のないモンバエルツ監督の続投も決まり、選手から不満の声も漏れていた。

選手として、主将として「このままでは」と提言してきた。
特に、横浜の長谷川亨社長(58)は、選手の生の声を聞くべく中村と何度も会談した。
中村は
「僕らの声を聞いてくれたのはありがたかった。
お互いが理解し合いながらやれたのは大きいし、
正直にいろんな話をしてくださった」と長谷川社長への感謝を口にした。
だが
「これは違う、と言ったことが変わらなかったりしたら、その繰り返しは何なのかと。
毎日、それが違うんじゃないか…と。
そんなことは普通、ないこと。それに対応しきれなくなって、
いろんなバランスが崩れていった」と苦しい心境を吐露した。」


苦渋の決断だったと言えるでしょう。

長年マリノスサポーターから愛され、
「ミスターマリノス」とまで呼ばれた選手が移籍を決断するというのは
相当な覚悟なければできることではありません。

ましてや提示された年俸はマリノスのほうがだいぶ上だったわけですから、
今回の移籍には中村選手のマリノスへの相当な不満が隠されているということは言うまでもありません。

この決断がどういう結果をもたらすのか、注目が集まるところです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック