cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
国民に愛される紅白を目指して―NHK紅白、視聴者78%が厳しい意見
昨年大みそかに生放送された『第67回NHK紅白歌合戦』に対して厳しい意見が寄せられているそうです。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「昨年大みそかに生放送された「第67回NHK紅白歌合戦」に対し、
視聴者から厳しい意見が4724件寄せられ、
全体の反響(6098件)の78%を占めたことがNHKの集計で分かった。
主に審査方法の分かりづらさを指摘する声が目立ち、
厳しい意見の数は前回の2・16倍と、直近の過去3回の紅白で最も多かった。

昨年の紅白では紅組が勝利。
視聴者・会場投票では白組が優勢だったが、審査員・ふるさと審査員投票で逆転した。
NHKによると、視聴者からは
「審査方法がよく分からなかった」
「簡潔なルールにすべきではないか」との厳しい声が2777件寄せられた。

一方、意見の内容には
「今までと違った紅白で、NHKらしいストーリー性を感じられ、映像も迫力があった」
「NHKの挑戦が見えて良かった」といった好評意見が510件あり、前回の388件を上回った。

スペシャルゲストとして出演したタモリさんとマツコ・デラックスさんについては、
「良い味を出していた」
「大好きな2人だが、ここで必要なのかと感じた」と賛否両論。
大ヒット映画「シン・ゴジラ」との連動企画に対しては、
「途中で(画面上に演出で)L字表示が出て、
本当に緊急ニュースが出たように見えた」との意見もあった。

このほか、
「黒い衣装の人が目立ち、見ていて暗い気持ちになる」
「司会のテンションが低く、暗い印象を受けた」
「男性司会者のはかまの裾が短くておかしい」との声も寄せられた。」


昨年の『紅白』を観ていて自分も審査方法の不明瞭さを感じました。

なんで紅組が勝ったのかわからないというのが正直なところでした。

改めて国民が家族団らんで楽しく観る番組になるためには、
審査方法の見直しは不可欠かと思われます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック