cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ガリレオ・ガリレイ(1564年~1642年)の名言
「あらゆる真実は
一度発見されれば理解するのは容易だ。
肝心なのは真実を発見することだ。」



これはガリレオ・ガリレイの名言です。

ガリレオ・ガリレイといえば「天文学の父」と称される偉大な天文学者です。

天文学者とは言いましたが、その活躍は多岐に渡り、
哲学や物理学の分野でも偉大な業績を残しました。

そんな数多くの彼の業績の中で最も有名なものと言えば「地動説」を訴えたことでしょう。

彼が生きていた当時の世の中は、
地球は宇宙の中心にあり静止しており、
全ての天体が地球の周りを公転しているとする「天動説」が主流の考えでした。

しかし彼は自らの研究の中でそれが間違った考えであると気付いてしまったのです。

ただその当時、「地動説」つまりは「地球が動いている」を主張することは、
神に背く行為であり、まさに異端の考え方だったわけです。

つまり、「地動説=真実」であるのにもかかわらず、
真実を主張することは自らの命取りになってしまう行為だったのです。

しかし彼は真実(地動説)を主張しました。

結果的に彼は宗教裁判にかけられ最終的には終身刑を言い渡されてしまいます。

「それでも地球は動いている」、これは彼の思いを表した有名な言葉です。

ではなぜそこまでして彼は「地動説」を主張したのかというと、
世間一般に語られている真実が真実ではないと発見してしまったからです。

名言にあるように、真実は発見されれば理解することは容易です。

しかしながら発見することは容易なことではないのです。

つまり彼は苦労の末に発見した真実を明かすことで世間に理解してもらおうとしたわけです。

こんな単純で純粋すぎる思いがその当時の彼を苦しめたわけですが、
それでも彼が発見した真実が後の世界を変えたことは言うまでもありません。

つまりは彼の発見したことが真実であったために世間が理解せざるをえなかったわけです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック