cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『警官の紋章』 佐々木譲



今回は佐々木譲著『警官の紋章』について書いていきたいと思います。


内容
北海道警察は、
洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。

そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。

津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。

一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。

そして結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合。

それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが…。

『笑う警官』
『警察庁から来た男』に続く、
北海道警察シリーズ第三弾。


感想
この『警官の紋章』は「北海道警察シリーズ」の第三作目となる作品です。

今回のテーマは「警察の紋章=警察のプライド」だと言えます。

プライドのために死んだ警官、
自らのメンツを保つために他人のプライドを汚した警官、
自らのプライドを投げ打ってまで復讐を果たそうとする警官、ここに出てくるプライド(紋章)の形は様々です。

シリーズ三作目ですので前2作を読んでいたほうがもちろん楽しめるわけですが、
しかしながら独立の一作品としても非常に面白い作品に仕上がっています。

佐伯と津久井、佐伯と小島、佐伯と新宮といった、
佐伯を軸にした人間関係の面白さもまたこのシリーズの魅力ですが、
それは今作でも存分に発揮されています。

警察小説ファンならずとも一読の価値のある一作です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック