cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
軽い気持ちに重い罪―松本伊代、書類送検されたことを謝罪
鉄道営業法違反の疑いで書類送検された松本伊代さんが11日、
報道陣の取材に応じ、そこでこの件に関して謝罪しました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「鉄道営業法違反の疑いで10日に京都府警に書類送検された
歌手でタレントの松本伊代(51)が11日、名古屋ブルーノートでのライブ前に取材に応じ、
「本当にご迷惑をおかけして、反省しています」と頭を下げ、謝罪した。
書類送検翌日のライブ開催。
「コンサートを開催できるか不安で…」と涙を流し、
夫で所属事務所社長のヒロミ(51)にも「すごく怒られた」と明かした。

伊代はこの日、名古屋ブルーノートで午後4時と7時から2ステージのライブを行う。
取材に応じたのは午後3時ごろ。
「今回のことで、私の軽率な行動をとってしまったということで、
関係者の皆様にご迷惑をたくさんおかけしてしまって、改めて事の重大さを感じて、
関係者の皆様、スタッフの皆様に本当にご迷惑をおかけしたと思っています。反省しています」とまず陳謝。

「今日もコンサート開催にあたって、
不安で…昨日まで(ライブに)来れるのか…分からなくって」と話すと、涙を流した。

伊代は1月14日のブログで、
早見優(50)と線路上を歩く写真を掲載(※現在は削除済み)し、ネット上で批判が殺到。
1月下旬に京都府警右京署が任意で2人に事情聴取し、
無許可で線路内に立ち入った鉄道営業法違反の疑いで10日に2人を書類送検した。

無断で線路内に入ったことについて
「(罪になるとは)一切思わなかったです。
その時。今思うと不謹慎なんですが、全くそのことに気付きませんでした」と明かし、
「本当にすみませんでした」と頭を下げ、「軽率な行動」を詫びた。

伊代と夫で所属事務所社長のヒロミは10日夜、それぞれブログを更新。
「事の重大さを改めて深く感じております」、
ヒロミも「夫でもあり、所属事務所の代表でもあります、私も責任を痛感しております」と謝罪した。」


罪になるとは思わなかったんでしょうね。

もちろん松本伊代さんの年齢からすれば、思慮が足りなかったと言わざるを得ませんが、
こういった軽い気持ちで、罪だとは思わずに法を犯してしまう可能性は誰だってあるのです。

そういった点でいえば、松本伊代さんのこの件は国民に対する良い教訓になったのかもしれません。

人の振り見て我が振り直せです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック