cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
謎多き引退劇―清水富美加が「幸福の科学」への出家のため芸能界を引退
清水富美加が「幸福の科学」への出家のため芸能界を引退することが発表されました。

期待の若手女優の突然の引退発表に対し、多くの驚きの声が寄せられています。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「電撃引退へ!! 
女優、清水富美加(22)が芸能界を引退する意思を固めたことが11日、分かった。
関係者によると、先月下旬に宗教団体「幸福の科学」の信者であることを所属事務所に明かし、
「仕事を辞めて幸福の科学に出家(就職)します」と説明したという。
清水は、今月4日に出演したフジテレビ系「にじいろジーン」を最後に仕事をすべて欠席しており、
事務所は対応に追われている。

映画、ドラマのみならず、バラエティーでも活躍中の新進女優が、芸能界を去る決断をした-。

関係者によると、先月19日、幸福の科学グループ総裁の大川隆法氏(60)が
清水の守護霊に“インタビュー”した動画が同団体の公式サイトに掲載。
その動画に気づいたチーフマネジャーが清水に確認したところ、
「実は信者なんです」と一家で信者だったことを告白した。

清水はその後も普段通り仕事を続けていたが、同下旬にマネジャーを呼び出し、
立ち会った同団体側の弁護士2人の前で
「仕事を辞めて幸福の科学に出家します。
幸福の科学のために働きたい。専念したいです」と自ら引退を宣言。
マネジャーが清水に何を話しかけても通じない状態だった。

2008年に事務所のオーディションでグッドキャラクター賞を受賞し、芸能界デビュー。
15年にNHK連続テレビ小説「まれ」でブレークし、
抜群のトーク力を武器に現在は「にじいろ-」(土曜前8・30)など
レギュラー番組2本、ラジオ1本、CM2本を持つ人気者に成長した。

今月3日には守護霊のインタビューが書籍「女優・清水富美加の可能性」として発売され、
翌4日の「にじいろ-」を最後に清水は仕事を放棄。事務所は当初、休んだ理由を体調不良にしていたが、
現在は関係各所に事実を説明するなど対応に追われている。
本人とは音信不通という。

この日、清水が公式ツイッターで「来週、ある『宣言』をします」と意味深に投稿。
しかし、すぐにツイッターが削除されると直後に個人ツイッターを立ち上げ、
「色々ありましたし、色々あります」と告白。
同日深夜には「私以外に私の本当の事を語れる人なんていないことを、今のうちに言っておきます。
自分の真実くらい、自分で語らせて下さい」と綴った。

別の関係者によると、事務所は清水との契約が残っており、
「せめて契約期間中に決まっている仕事はやり遂げてほしい」と説得しているが、
団体側はすぐに事務所を退社させたい意向で、平行線をたどっている。」


謎の多い引退劇となりました。

様々な理由をもって芸能界を離れる人はいますが、
宗教団体への出家、さらに言えば新宗教と呼ばれる宗教団体への出家を理由に、
芸能界を引退するのは珍しいことのように感じられます。

思想信教というのは非常にパーソナルな問題で、人がとやかく言うことではありません。

そういった意味でいえば出家することには何も問題がないと言えるわけですが、
しかしながらこの芸能界引退はあまりにも突然すぎて、その点には問題があるようにも見えます。

仕事を辞めるのであれば区切りとけじめをつけてというのが正攻法であります。

自分の信念を貫いて出家するのであれば、
「立つ鳥跡を濁さず」であってほしかったというのが正直なところです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック