cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
巨匠の死―映画監督の鈴木清順氏が93歳で死去
映画監督の鈴木清順さんがお亡くなりになりました。

93歳でした。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「ツィゴイネルワイゼン」「オペレッタ狸御殿」などで知られた
映画監督の鈴木清順氏(すずき・せいじゅん、本名・鈴木清太郎=すずき・せいたろう)が
13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため東京都内の病院で亡くなった。
93歳。東京都出身。
葬儀・告別式は故人の遺志により近親者のみで執り行われた。
喪主は妻・崇子(たかこ)さん。

1923年(大12)生まれ。
48年に松竹入り、54年に日活に移籍し、
56年「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督デビュー。
赤木圭一郎主演の「素っ裸の年齢」、
小林旭主演「関東無宿」、
渡哲也主演「東京流れ者」、
高橋英樹主演「けんかえれじい」など独特の色彩感覚を生かした作品で人気を集めた。
のちにカルト的な人気となった67年「殺しの烙印」を最後に
「分からない映画ばかり撮る」と日活を解雇されたが、71年に裁判の末に和解。
77年「悲恋物語」で監督業に復帰した。

80年「ツィゴイネルワイゼン」が国内外で高く評価され、
ベルリン国際映画祭で審査員特別賞に輝いたほか、
日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞などを受賞。
その後、「陽炎座」「夢二」などを発表し、
第58回カンヌ国際映画祭で栄誉上映特別作品として招待された
2005年の「オペレッタ狸御殿」が遺作となった。
90年紫綬褒章。

白ひげ、白髪の仙人のような風貌で、俳優としてもテレビや映画に多数出演した。

実弟は元NHKアナウンサーの鈴木健二氏。」


恥ずかしながら自分は鈴木監督の作品を観たことがありません。

しかしながら鈴木監督の顔だったり存在はしっかりと認識していました。

それだけインパクトのある、まさに仙人のような見た目をした人物でした。

記事にあるエピソードを辿ってみると、目につくのが、
「分からない映画ばかり撮る」と日活を解雇された、という部分です。

もちろん観たことがないので分からないのですが、
そういった一見すれば分からないような作品を撮って最終的に評価されたというのは凄いことです。

風貌も含めて、日本映画界に鈴木監督にとって代わることの出来る者はいないんじゃないでしょうか。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック