cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ウォルト・ディズニー(1901年~1966年)の名言
「若者の多くは、
自分たちに未来はない、
やることなど残っていないと思っている。
しかし、探検すべき道はまだたくさん残っている。」



これはウォルト・ディズニーの名言です。

ウォルト・ディズニーといえば、言わずと知れたミッキーマウスの生みの親です。

多くの人に夢と希望を与えたクリエイターだと言っていいでしょう。

ディズニーは老若男女問わずの人気がありますが、
中でも若者(特に若い女性)に人気があると言えます。

それは今も昔も同じです。

なぜ若者はディズニーにハマるのかといえば、そこに夢や希望があるからだと言えます。

若者には目の前にある現実が辛く苦しいものであるように感じられる時があります。

そんな時に若者は救いを求めるのです。

それがディズニーであるわけです。

ディズニーの世界には夢や希望に溢れています。

じゃあウォルト・ディズニーはなぜそんな世界を生み出すことが出来たのかといえば、
彼自身が辛く苦しい経験をたくさんしてきたからなのです。

彼は会社が倒産したり乗っ取られそうになったりしました。

そんな辛く苦しい世界を見たからこそ彼は、夢や希望のある世界を描き出し、
多くの人たち、とりわけ若者たちに輝ける未来を指し示したのです。

彼が語るように、若者たちには探検すべき道がまだたくさん残っているのです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック