cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『死ぬ力』 鷲田小彌太



今回は鷲田小彌太著『死ぬ力』について書いていきたいと思います。


内容
「余生」などいらない!

長生きが簡単な時代だから、いい死に方を真剣に考える

長寿社会にあって、人生の円熟期を私たちはどのように生きていけばよいのか。

何を考えながら、余生を過ごせばよいのか。

著者は、何が長寿社会を生み出したか、長寿社会は果たして幸福かを分析したうえで、
自然に生きること、
仕事は年老いてもずっと続けること、
書く人間になること、
つねに締め切りを設定して生きてゆくこと、
がんばらないこと……など様々な提言をしてゆく。

だらだら長生きしているだけでは、
年老いるごとに生きる力が失われ、自分で自由に死ぬ力も失ってしまう。

気づけば「老害」のように社会からお荷物扱いされる。

では、死ぬ力=生きる力、つまり人間力を保ちながら年老いるにはどうするべきか。

自身の「人間学」の総まとめにすると決めた70代の著者が、
読みやすく、そして滋味深く、より幸福な定年後の生き方を指南する。


感想
「死ぬ力」って何なんだろうか?

これがタイトルを見た時の自分の感想でした。

「生きる力」というのはよく分かりますが、
「死ぬ力」というのは、
果たして死ぬことに力が必要なのか?という疑問もあってしっくり来なかったのです。

しかしながらこの本を読んでみて分かりました。

「死ぬ力」とは「生きる力」のことなのです。

著者である鷲田小彌太さんは言います。

「一年生きたは、一年死んだ。」だと。

つまりよく生きることがよく死ぬことにつながっていくのです。

締め切りを設定しながらそれに向かってよく生きていくこと、
これが理想の死に近づく方法、つまりは「死ぬ力」なのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック