cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
本物のレジェンド―三浦知良がJ最年長弾を決める
3月12日、横浜FCとザスパクサツ群馬の試合が行われ、
この試合で三浦知良選手が自身今季初ゴールとなる得点を挙げました。

これは、50歳になってから初めてとなるゴールで、
自身が持つJリーグ最年長得点記録を更新する貴重なゴールでした。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「明治安田J2第3節最終日(12日、横浜FC1-0群馬、ニッパ)
横浜FCのキングカズこと、元日本代表FW三浦知良(50)が
前半40分に今季初ゴールとなる先制点を挙げ、
自身の持つJリーグ最年長得点記録を50歳14日に更新した。

開幕から3試合連続のスタメン出場となったカズは、
前半から積極的なプレーで攻撃陣をけん引。
40分に左サイドからのクロスを中央で待っていたFWイバがダイレクトでシュート。
これをGKが弾くと、こぼれ球につめて左足で押し込んだ。

ゴール後はチームメートとカズダンスで喜びを表した。

横浜FC・三浦
「常にゴールを狙っている中で、
きょうは特にいいフィーリングでゴールを取れる予感もしていた。
前向きにいくことができていた結果で、良かったと思う。
ゴールする少し前から横浜FCの時間だった。
ゴールの近くにいれば何かあると思っていた。
カズダンスやるとなかなか勝てないんですけどチームメートがよくやってくれた。
毎試合毎試合勝つことは大変だが、
全員で力を合わせて、前向きに勝利を目指してがんばりたい」」


この歴史的ゴールは世界でも報じられました。

それだけ、50歳になってもプロとしてプレーし、
さらにはゴールを挙げることは価値のあることなのです。

今回更新した記録も未来のカズがこれを超えていくことは確実でしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック