cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
継続した意義―草彅剛主演の『嘘の戦争』が全話2桁キープで終了
3月7日、草彅剛さん主演のドラマ『嘘の戦争』の最終回が放送されました。

この最終回の視聴率は11・6%だったそうで、
初回から2桁の視聴率を一度も割ることなく放送を終えました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「昨年大みそかをもって解散した「SMAP」の草なぎ剛(42)が
主演を務めるフジテレビ「嘘の戦争」(火曜後9・00)の最終回(第10話)が
14日に15分拡大で放送され、
平均視聴率は11・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。

第1話=11・8%、第2話=12・0%と堅調な滑り出し。
その後も第3話=11・3%、第4話11・1%、第5週=11・5%、
第6話=10・3%、第7話=10・9%、第8話=11・5%と推移。
前週の第9話では、
同時間帯で侍ジャパンのWBC初陣「日本―キューバ」(TBS系)が生中継される中で10・5%、
今回も2次ラウンドの同カード(同)が裏番組にありながら11・6%をマーク。
一度も2桁を割らずに安定した数字を残してゴールした。

2015年1月クールに放送され、好評を博した「銭の戦争」に続く“復讐シリーズ”第2弾。
脚本・後藤法子氏、演出・三宅喜重氏をはじめ、「銭の戦争」のスタッフが再び集まった。

草なぎは30年前に一家無理心中に見せかけて家族を殺害され、
天才詐欺師となって復讐の鬼と化す男を熱演。
詐欺師ならではの手法を使ったスリリングな復讐劇をシリアスに、ユーモラスに描いた。

最終回は、浩一(草なぎ)は、二科(市村正親)から返り討ちに遭い、
隆(藤木直人)に寝返った百田(マギー)とカズキ(菊池風磨)に、
二科が30年前の事件の罪を告白した録音テープのデータを削除され、絶体絶命のピンチに陥った。
一転して浩一は、
30年前の女性会社員殺人事件を隠蔽(いんぺい)した
「新たな証拠と証人が見つかった」と隆に電話をする。
「だまされたら、だまし返す。詐欺師は詐欺師らしいやり方で、30年前を終わらせる」と話す浩一を、
ハルカ(水原希子)と守(大杉漣)は心配する…という展開だった。」


昨今のTVドラマ業界において全話が二桁視聴率を超えることは珍しくなってきました。

そういった中で今回、『嘘の戦争』が
全話で二桁視聴率をキープしたことは大変意義のあることだと言えます。

いまだにSMAPの力は偉大だと言えるでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック