cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 出演:長瀬智也、神木隆之介ほか 監督:宮藤官九郎



今回は『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』について書いていきたいと思います。


内容
修学旅行で乗っていたバスが事故に遭ってしまった男子高校生の関大助はふと目を覚ますと、
炎が渦を巻く中で人々が苦しめられている光景が目に飛び込んでくる。

地獄に落ちたと理解するも、
同級生の手塚ひろ美に思いを告げずに死んでしまったことに混乱する大助。

そんな大助の前に、
地獄農業高校軽音楽部顧問にして
ロックバンドの地獄図(ヘルズ)のリーダーである赤鬼のキラーKが現れる。

キラーKは閻魔の裁きによって現世に転生するチャンスがある事を大助に告げた。

キラーKの指導と特訓のもと、
大助は地獄から現世に戻ろうと悪戦苦闘するのであった。


感想
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は、
宮藤官九郎さんにとって通算4作目の監督作品です。

クドカンこと宮藤官九郎さんといえば人気脚本家と知られていますが、
映画監督としても『真夜中の弥次さん喜多さん』から始まり、
『少年メリケンサック』に『中学生円山』と着実にキャリアを重ねてきました。

このクドカン作品に共通しているのはとにかく笑えるということですが、
この『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』でもそれは同様です。

この作品では長瀬智也さんや桐谷健太さんといった「地獄図」の面々が良い味を出していますが、
やはりこの作品を語るうえで欠かせないのが、クドカン作品常連の
皆川猿時さん、古田新太さん、荒川良さんといった面々が最高のエッセンスになっていることです。

特に皆川猿時さんが出演している場面が自分としてはツボでした。

死を扱った作品はとかく重くなりがちですが、
あえてそういった事を笑いにしてかなりライトな作品に仕上げているのはさすがはクドカンだと言えます。

笑える作品を探している方におススメの作品です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック