cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
新たなるスピードスターの誕生―セイウンコウセイ初挑戦でGI制覇
3月26日、GI「高松宮記念」が行われ、5番人気のセイウンコウセイが勝利しました。

セイウンコウセイにとってこれがGI初挑戦での初制覇となりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「第47回高松宮記念
(26日、中京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、
定量、芝1200メートル、1着本賞金9800万円=出走18頭)幸英明騎乗の
5番人気、セイウンコウセイが4番手から直線で抜け出して重賞初制覇をGIで飾った。
フェブラリーS、ドバイターフに続いての4歳馬のVで、スプリント界でも最強世代が強さをアピールした。
タイム1分8秒7(稍重)。
2着は2番人気のレッツゴードンキ、3着は1番人気のレッドファルクス。

曇天の尾張で、スプリント界の一等星が圧倒的な輝きを放った。
セイウンコウセイがGI初挑戦Vの快挙を達成。
初騎乗で大役を果たした幸騎手の笑みがはじける。

「強かったですね。
悪い馬場は得意だと先生(上原調教師)から聞いていたので、
特に気にせず、セイウンコウセイの競馬をしようと思っていました。
僕も役目を果たせたかなと思います」

小雨がぱらつく中で、馬場状態は稍重だったが、
3走前に重馬場で準オープンを圧勝したように道悪は得意。
陣営は自信を持っていた。
好スタートを切り、馬場のいいところを選んでやや外めの好位につけると、
他馬が苦しむ道悪の中をすいすい。
「4コーナーを回ったときに勝ったと思った」と上原調教師が振り返るほどの手応えで直線に向き、
馬場の真ん中から力強く突き抜けた。

「手応えがずっと良くて、抜け出すのが早すぎたかなと思ったけど、最後までよく頑張ってくれました」。
幸騎手は興奮気味にパートナーをたたえた。
フェブラリーSをゴールドドリームが制したのに続き、今年のGI2戦目も4歳馬が制覇。
最強世代がまたしてもレベルの高さを証明した。

昨年3月21日の初勝利からわずか1年。
歴史的なスピード出世だ。
もともと素質を高く評価されながら、
ソエがあったり体質が弱かったりして、未勝利戦を勝ち上がるのに7戦を要した。
しかし不安が解消されると才能が一気に開花。
瞬く間に階段を駆け上がった。

上原師は2007年のマイルCS(ダイワメジャー)以来、約9年半ぶりのGI制覇。
「周りから聞いて余計に力が入った」という一戦だった。
「ここまで成長力が素晴らしい馬も珍しい。
レースまでじっとおとなしくて、ゲート裏に行くとガラッと変わる。
レースに100%集中できる力を持っている」と
トレーナーは期待に応えた愛馬に頼もしげなまなざしを向ける。

この後は未定だが、底を見せていない4歳のスピードスターに、夢は大きく広がる。
今後のスプリント戦線はセイウンコウセイがリードしていく。」


記事もあるように、セイウンコウセイの世代の馬たちの活躍が目覚ましいです。

セイウンコウセイは未勝利戦に勝ちあがるのに時間が掛かり、
重賞戦線に参戦するのに時間が掛かりましたが、
初勝利からスターダムに駆け上がる姿はまさにスピードスターのそれでした。

セイウンコウセイにはこれからこの世代を代表する馬となるような活躍が期待されます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック