cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
歌声を取り戻す日―つんく♂が母校近大で新入生とともに校歌を歌う
4月1日、つんく♂さんが母校である近畿大学の入学式に出席し、新入生とともに校歌を歌いました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「音楽プロデューサーつんく♂(48)が1日、大阪府東大阪市の母校、近畿大学で、
4年連続で「平成29年度入学式」をプロデュースし、新入生とともに校歌を“歌った”。

式典フィナーレ。
グリークラブ・吹奏楽部の在校生とステージに並んだつんく♂は、
ギターを弾きながら口元を大きく動かし、体を揺らせた。

「近畿大学~」。
新入生との合唱に、その声はかき消されたものの、
つんくは食道発声法の練習中で、関係者によると「小さな声は出せるようになりつつある」といい、
昨年よりも明らかに大きく口を開き、自らの“声”を合唱にのせているようだった。

つんくは14年3月、喉頭がんを公表。
同年9月にいったん「完全寛解」を発表したが、その後、がんが再発見され、同10月上旬に手術。
15年1月、声帯摘出により、発声が厳しくなったことが発覚。
2年前の同4月、同じ近大入学式で、
声を失ったことを自ら明らかにし、卒業生に文字でメッセージを送った。

同時に、習得が難しい「食道発声法」のトレーニングを重ね、
昨年4月の同入学式でも、トレーニングの近況を報告。
卒業生へのメッセージは、言葉をパソコン文字入力する形の“会話”だった。

今年も、あいさつはスクリーンの文字メッセージとパソコンを使っての会話だったが、
表情の明るさはさらに増していた。

そのメッセージでも、新入生へ向けて「(地方から来て)方言に悩んでいたりすかもしれない。
でも、誰かに話し掛けてみよう。
一番心配なことを最初にやってしまえば、後は簡単」との言葉を送り、
自らは食道発声法により「小さい声を少しずつ。でもおっくうなこともある」と書き込んだ。

さらに「僕は声を失っても幸せ」とし
「一度病気をしてしまった僕は病気の転移や再発と背中合わせ」
「だからこそ、自分に負けないように目標を置き、
ひとつひとつ乗り越えていくしかないと思っています。人生、みんな初体験」などと、
自らの生きざまをもとに後輩たちに励ましの言葉を贈った。」


つんく♂さんがかつての美しい歌声を取り戻すことはできません。

これは紛れもない事実です。

しかしかつてのように美しくなくても、声そして歌声を取り戻すことは決して無理ではないのです。

つんく♂さんは超えそして歌声を取り戻すために努力をしています。

その一つの結果が今回の入学式で披露されたのです。

朗報と言うほかないでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック