cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
王者の苦悩―日本ハムが4年ぶりの8連敗
4月23日、日本ハム対西武の試合が行われ、日本ハムは3対12で敗れました。

この敗戦で日本ハムの連敗は8まで伸び、
日本ハムとっては2013年5月以来の8連敗を喫したことになります。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「西武12-3日本ハム」(23日、メットライフドーム)

日本ハムが2013年5月以来の8連敗を喫した。

打線は首位打者の3番・近藤が4打数4安打するなど11安打を放ったが、
この日から1軍合流した4番の中田が無安打と幾度もの好機を生かせず。

投げては先発・メンドーサが6回5失点と試合をつくれず、
その後に登板した中継ぎ陣3投手も全員が失点するなど投壊した。

西武は打線が活発。
初回に秋山の先頭打者弾で先制すると、
1点を追う六回にはメヒアの適時二塁打で逆転に成功。
七回には田代の1号3ランなどで一挙5点を挙げ、
八回には秋山の2本目となる4号2ランでダメを押した。

6年目でプロ入り初本塁打の田代は
「打ったのはストレート。
マジかと思った。
ベンチに戻って、みなさんに握手してもらってうれしかったです」と初のお立ち台で、
八戸大学の先輩である秋山とのアベック弾に笑顔を見せていた。」


昨年の王者にとって今年はかなり辛いシーズンになっています。

もちろんまだシーズンは始まったばかりですが、
日本ハムとってスタートダッシュに失敗したことは確実にマイナスだと言えます。

昨年のセリーグの覇者である広島がスタートダッシュを決めているだけに、
日本ハムの焦りはより一層高まるところです。

ただ主力がいない現状を考えると、
主力が揃ってからが日本ハムの本当のスタートだとも言えます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック