cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
これは都落ちか?―柴崎、テネリフェを退団しJリーグ復帰の可能性が浮上
スペインリーグ2部のテネリフェに所属する柴崎岳選手がテネリフェを退団する可能性が浮上しています。

退団した場合、古巣である鹿島に復帰する可能性が高いそうです。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「スペインリーグ2部(23日、ソリアほか)スペイン2部、テネリフェの元日本代表MF柴崎岳(24)が
Jリーグに復帰する可能性が急浮上していることが23日、複数の関係者への取材で分かった。
契約が満了となる今夏で退団し、新天地へ移る見通し。
2月にJ1鹿島から移籍したが、体調不良により出遅れるなど出場機会に恵まれていない。
敵地で行われたヌマンシア戦も後半20分からの途中出場で、見せ場はなかった。

“急転直下”の欧州移籍から約3カ月。
再びの急転直下で、Jリーグ復帰の可能性が出てきた。

柴崎はこの冬、念願のスペイン移籍を実現させた。
しかし加入直後に胃腸炎や不安障害を患い、出遅れた。
チームはリーグ戦残り7試合で1部昇格争いの渦中にあり、
加入間もない柴崎をホセ・ルイス・マルティ監督も思い切って起用できずにいる。
23日、1-1で引き分けたヌマンシア戦でも後半20分から出場するにとどまった。

来季に向けた評価材料も乏しい。
クラブ幹部は「適応に時間がかかっている。先(契約更新)は未定」と、再契約に踏み切れない状況だ。

柴崎は今夏での移籍を視野に入れ始めた。
今年1月31日、
冬の移籍市場が閉まる当日に駆け込む形でテネリフェと6月30日までの短期契約を締結。
この“ドタバタ”の移籍が災いした。
詳細を詰め切れなかった待遇など、条件面の食い違いが加入後に表面化。
代理人とクラブは何度か話し合いの場を持ったが、納得の答えは出ていない。

柴崎側は「Jリーグに戻ることもあり得る」と話す。
「欧州でプレー」という基本路線は残るものの、
来年のロシアW杯を見据えて日本代表復帰を考えると、現状維持は得策ではない。
半年間の海外挑戦から昨年6月に帰還したMF山口はC大阪で活躍し、日本代表で完全復活した。
Jリーグで状態を戻すことも一つの選択肢だ。

J復帰の場合、古巣鹿島が最有力となる。
チームは昨年のリーグ制覇や12月のクラブW杯準優勝の活躍など、これまでの実績を評価。
オフに大型補強をしたが、真価を発揮できていない。
クラブ側も「まだ話はないが、受け入れる用意はある」としており、
空き番号となっている「背番号10」の復帰に好意的な姿勢を見せている。」


日本人選手の海外挑戦に善し悪しがあります。

善しは、海外の高いレベルでプレーできることがその選手にとって刺激になることです。

悪しは、出場機会に恵まれない不遇の状況に置かれることが少なくはないことです。

もちろん実力でレギュラーを勝ち取り、出場機会に恵まれている選手も多いわけですが、
柴崎選手のようにJリーグに居た時に比べて試合に出られないという状況に陥る選手が後を絶たないのです。

これを実力だと片付けてしまうのは簡単なことですが、そうだとも言い切れないでしょう。

その国の環境だったりとか、そのチームの状況に合う合わないは確実にあるのです。

海外から日本に戻るとついつい「都落ち」というイメージを持ちがちですが、
海外の状況であるとか環境に合う合わないを知れただけでもそれは大いなる収穫があったと言えます。

つまりは出戻ることは決して後ろ向きなことではないのです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック