cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
天才騎手が大記録を達成―武豊、同一G1史上最多8勝目
4月30日、G1「天皇賞・春」が行われ、武豊騎手騎乗のキタサンブラックが勝ちました。

武豊騎手が「天皇賞・春」で優勝したのはこれで8勝目となり、
これは同一G1史上最多勝利記録となります。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「第155回天皇賞・春」(G1、芝3200メートル・晴・良)は30日、
京都競馬場11Rで行われ、武豊騎乗の1番人気の
キタサンブラック(牡5=清水久詞厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)が勝った。
歴代4頭目となる春の盾連覇となった。

鞍上の武豊は、
逃げたヤマカツライデンのペースが落ちず「タフなレースとなった」としながらも、
「この馬ならと思ってペースは落とさなかった。
最後は一杯になったが、なんとか頑張ってくれと思いながら一生懸命追っていた。
この馬しか耐えられないペースだったと思う。
勝たなければならない立場の馬で結果を出せてホッとしている。
このような馬に巡り会えたことは本当に幸せ」と笑顔でレースを振り返った。

06年の自ら騎乗したディープインパクトが記録した3分13秒4を上回る
3分12秒5のレコードタイムを更新。
「まさか破られると思ってなかったので。
昨年よりはるかに強くなっている」と成長を実感し、驚きの表情。

最後に同一G1史上最多となる天皇賞・春8勝目となり
「ファンが多い馬なのでスタッフも応えられるように頑張っている。
本当によかった。ファンのおかげ。
いい馬に乗せてもらえて感謝している」と感謝を口にした。」


日本を代表する天才騎手がまた一つ大記録を達成しました。

そのお供となったのがキタサンブラックだったというのがまた絵になります。

その記録に花を添えるようにレコードタイムで勝利したところを見ると、
まだまだ武豊&キタサンブラックの快進撃は続きそうです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック