FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
コンバット
borero01.jpg

今回は8月16日に放送された、コンバットについて書きたいと思います。今回のコンバットは真夏の生Live祭り!inお台場冒険王の模様が放送されました。真夏の生Live祭り!inお台場冒険王がスタートしてステージにコンバットメンバーが登場すると会場のボルテージは一気に上がりました、そして今回のコンセプトが発表されましたそのコンセプトとは歌と踊りということでした。そこでメンバーは緊張するとかしないとかという話をしていたんですが、その話の隙を見つけてぼれろの二人はぼれろの本ネタを披露しました、それでまた会場が盛り上がりその流れで最初のコントキャラクターが登場しました、そのキャラクターとは文学座出身でとても声が大きい俳優太郎でした。俳優太郎はいつものようにこの冒険王の舞台でも発生し切れていないと言って独自の東京にある区の名前を全部言うという発声練習を始めてしまいました。しかし決めの「目黒!!」に観客の皆さんは大盛り上がりでした。そのあと昔馴染みの大道具さんと3人で羞恥心の「羞恥心」をパロッた「文学座」を歌いました。そしてその歌を歌いきり俳優太郎は納得しながらステージにいるとそこにコンバットの北京オリンピック応援団長松岡シュウゾウさんが現れました。そしていつものようにダメ出しを始めました、そのダメ出しをしながらシュウゾウさんは俳優太郎の発声練習に対抗した自分バージョンの発声練習を披露しました、その発声練習の決め言葉は実にシュウゾウさんらしいフレーズの「錦織!!」でした。続いて登場したコントキャラクターはヲバ芸の集団でした今回のヲバ芸に使われた音楽は桑田さんのヒット曲「波乗りジョニー」という真夏の冒険王のステージにぴったりな曲でした。続いて登場したコントキャラクターは通常の放送では登場したことの無いこの舞台で初めての公開となるキャラクターでした、そのキャラクターとは青森テルマと佐助という二人でしたまず佐助さんというのはコントキャラクターというよりガリバートンネルの川島佐助さんそのものですが、最近「笑いを語る男 〜実録・たまりの川島佐助〜 」というコントの登場で佐助さん本人がキャラクターになりつつありますよね。青森テルマというのは「青森の嫁」で見事な津軽弁を披露しているBURNの高坂さんが扮したキャラクターです。二人が歌った歌の内容は青森の内容に変えられた「そばにいるね」のSoulJaさんのパートを佐助さんが担当してそこで笑いについて語るというものでした、それにしても佐助さんが語るお笑い論は理解しかねますね(笑) そしてそのあと「松岡シュウゾウの格闘技万歳」が行われ冒険王のステージでコンバットの柔道王である太田さんはプロレスラーの中西学さんにボコボコにされました、そのあと無謀にもシュウゾウさんも挑んでいつものように返り討ちにあって終わりました。この「松岡シュウゾウの格闘技万歳」はシュウゾウさんの最後のボロボロになった姿が毎回本当に面白いです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック