cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
日韓の戦い―ソニーが有機ELテレビ市場に再参入
ソニーが7年ぶりに有機ELテレビ事業に参入することが発表されました。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ソニーは8日、次世代パネル「有機EL」を採用し、
フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K映像に対応したテレビ「A1シリーズ」を
6月10日に発売すると発表した。
ソニーの有機ELテレビ事業参入は7年ぶりとなる。
日本の有機ELテレビ市場では、
これまで独走してきた韓国LGエレクトロニクスに国内勢が対抗し、
東芝が先陣を切って今年3月に4K対応の製品を投入。
パナソニックも年内の発売を予定している。
日韓メーカーの競争激化で市場が拡大するか注目される。

A1シリーズは55型(税別想定価格、50万円前後)と65型(同80万円前後)の2種類。
独自の画像処理技術を採用し、現実世界により近い黒や明るさの表現が可能になった。
また、パネルの裏に振動装置を搭載し、画面から直接音が出ることで高い臨場感を味わえる。
77型も今年秋以降に発売する予定だ。

ソニーは平成19年に世界で初めて有機ELテレビを発売したが、22年に生産を終了していた。

高木一郎執行役は「大型の有機ELテレビは、テレビ市場を広げる役割を担う」と説明。
「スポーツや映画に適した色合いを実現できる」とし、普及に期待を寄せた。

このほか、4K液晶テレビの43~65型の新製品(同17万円前後~55万円前後)も
6月10日から順次発売する。」


日本の家電市場、特にテレビ市場は日韓の戦いが熾烈を極めています。

その中で韓国のメーカーが優位に立っているのが有機ELテレビ市場です。

ここに来て一矢報いようと日本メーカーが立ち上がったわけですが、
本当に一矢報いることが出来るかはまだ分かりません。

やはり日本の市場なわけですから、何とか日本メーカーには踏ん張って欲しいですね。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック