cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
強すぎた「そよ風」の死―天皇賞馬・ヤマニンゼファー死す
5月16日、G1で3勝をあげたヤマニンゼファーが老衰のため死去しました。

29歳でした。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「92&93年の安田記念と93年の天皇賞・秋を制したヤマニンゼファーが16日朝、老衰のため死んだ。
29歳だった。
現役時代は20戦8勝。うち重賞4勝。
92年の安田記念を11番人気で制して以降、一線級で活躍。
翌93年の安田記念でG12勝目を挙げると、
秋には初の10F挑戦となった天皇賞・秋をセキテイリュウオーとの大接戦の末、ハナ差で制した。
種牡馬としては00年武蔵野Sを制したサンフォードシチーを輩出した。

錦岡牧場の引木晶則氏は
「毎年たくさんのファンの方が会いに来てくれていました。
晩年はファンの方に自分から寄っていくような愛想のいいところもありました。
今年の冬に一時体調を崩し見学を制限しましたが、
最近は落ち着いて前日まで変わった様子もなく、突然のことで驚いています」とコメントした。」


ゼファーには「そよ風」という意味があります。

そよ風と呼ぶにはあまりにも強すぎる、疾風のごとくターフを駆け抜ける馬でした。

競走馬生活のハイライトともいえる天皇賞・秋を制した際、
鞍上の柴田善臣騎手が
「俺の勝利というより、ゼファーの完璧な勝利だったよ。
あんなレース、もう一度できるかどうか分からない」と称賛したように、
非常に勝負強い馬でもありました。

種牡馬としての活躍が今一つだったのは残念ですが、
それでもヤマニンゼファーが競馬ファンたちの記憶にいつまでも残る名馬であることは間違いありません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック