cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『YELLOW DANCER』 星野源



今回は、2015年の12月2日に発売された、
星野源のアルバム『YELLOW DANCER』について書きたいと思います。


収録曲
CD
1. 時よ
2. Week End
3. SUN
4. ミスユー
5. Soul
6. 口づけ
7. 地獄でなぜ悪い
8. Nerd Strut (Instrumental)
9. 桜の森
10. Crazy Crazy
11. Snow Men
12. Down Town
13. 夜
14. Friend Ship

初回限定盤A付属Blu-ray、初回限定盤B付属DVD
「星野源のひとりエッジ in 武道館」
1. バイト
2. 化物
3. ワークソング
4. 地獄でなぜ悪い
5. 透明少女
6. Snow Men
7. フィルム
8. Crazy Crazy
9. ばらばら
10. くせのうた
11. 営業
12. くだらないの中に
13. 老夫婦
14. Night Troop
15. レコードノイズ
16. マッドメン
17. 海を掬う
18. いち に さん
19. 桜の森
20. 夢の外へ
21. 君は薔薇より美しい
22. SUN


感想
昨年放送された『逃げ恥』でのブレーク以降、俳優として飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の星野源さんですが、
そもそも星野さんは、インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」のリーダーとして世に出て、
その後ソロアーティストとしてデビューしたというゴリゴリのミュージシャンであるわけです。
(ま、そんなことは「恋」の大ヒットで皆さんが知っているのでしょうが・・・)

そんな星野さんが2015年の暮れに発売したのが『YELLOW DANCER』でした。

序盤に「時よ」、「Week End」、「SUN」といった軽快で爽やかなナンバーが3曲並んでいますが、
これこそ最近の星野さんの真骨頂だと言えます。

星野さんがソロアーティストとしてデビューした初期の作品は暗いイメージが漂っていました。

「暗い」という表現が正しいのかわかりませんが、少なくとも今のようなポップさはなかったわけです。

それが病気(くも膜下出血)での活動休止後、
明るさというかポップさが増したような作品が増えたように感じられます。

ただこのアルバムもそうですが、
ミュージシャンとして手を抜かず作品を仕上げてくる部分は以前から変わることのない部分です。

そういった部分が受け入れ、評価されたからこそ、
今日のように星野さんは俳優としてだけでなくミュージシャンとしても世間に受け入れられたわけです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック