cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
女王が返り咲く時―ソウルスターリングがオークスを完勝
5月21日、G1「優駿牝馬(オークス)」が行われ、
C・ルメール騎手騎乗の1番人気・ソウルスターリングが優勝しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「第78回優駿牝馬(オークス)」(G1、芝2400メートル)は21日、
東京競馬場11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の
1番人気・ソウルスターリング(牝3=藤沢和厩舎、父フランケル、母スタセリタ)が
人気に応えて勝利した。
これでG1・2勝目。
1馬身3/4差の2着には6番人気・モズカッチャンが入り、
さらに2馬身1/2差の3着は追いこんだ2番人気のアドマイヤミヤビだった。
勝ちタイムは2分24秒1。

ソウルスターリングは逃げたフローレスマジックの後ろの2番手集団でぴったりと折り合った。
直線手前で先頭に並んだが、ルメールは追い出しを我慢。
直線半ばで先頭に立つと内から並びかけたモズカッチャンとの叩き合いとなったが、
あっさり抜け出して完勝した。

勝ったソウルスターリングは世界的名馬・フランケルと、
欧米でG1を6勝した名牝スタセリタの娘でデビュー前から注目を集めていた。
デビューから3連勝で阪神JF(G1)を制し2歳女王となり、
そのまま無敗で迎えた前走・桜花賞は馬場に苦しんで3着となったが、
オークスでもファンは変わらず1番人気に支持していた。

騎乗したルメールはアドマイヤリードで制した14日のヴィクトリアマイルに続き、2週連続G1勝利。
中央G1は12勝目となった。
管理する藤沢和師はJRA・G1単独トップの25勝目。
オークスはともに初勝利。」


牝馬クラシックの大本命、2歳女王のソウルスターリングが女王に返り咲きました。

「桜花賞」は条件の不利もあって不発に終わりましたが、
今回の「オークス」で改めてその強さを見せつけてくれました。

血統からしてもそうですが、これからワールドワイドな活躍が期待できる一頭だと言えます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック