cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
藍ちゃんが去る時―宮里藍が今季限りで現役引退
女子プロゴルファーの宮里藍選手が今季限りで現役引退することが分かりました。

29日に記者会見を行うそうです。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「女子プロゴルフの宮里藍(31)=サントリー=が26日、
今季限りで現役を引退することを発表した。
29日に都内のホテルで会見を行う。
藍の関係者は
「会見の時に本人の言葉でお話しさせていただく予定なので、
きょうはコメントを差し控えさせて下さい」と引退の理由など詳細は明かさなかった。
次戦は6月8日開幕の日本ツアー・サントリーレディス(兵庫・六甲国際GC)に出場する。

藍は4歳からゴルフを始め、
宮城・東北高3年時の03年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで、
アマチュア史上2人目のツアー優勝を果たした。
同年10月にプロ転向し、史上初の女子高生プロゴルファーに。
日本中に「藍ちゃんブーム」を巻き起こした。
その後も優勝を重ね、06年からは米女子ツアーに本格参戦。
09年のエビアンマスターズで念願の米ツアー初優勝を果たした。

10年には日本人最多となる年間5勝をマークして、
男女を通じて日本人初となる世界ランク1位に輝いた。
05年には北田瑠衣とのコンビでW杯を制覇して世界一に。
兄の聖志、優作もトッププロとして活躍している。

日本ツアー通算15勝、米ツアー通算9勝。」


宮里選手は「藍ちゃん」の愛称で親しまれ、
横峯さくら選手と共に女子プロゴルフブームの火付け役となりました。

31歳での引退は早いような気もしますが、
宮里選手が今後、第二の人生を歩んでいくことを考えれば、ちょうど良い時期なのかもしれませんね。

「藍ちゃん」がグリーンを去る時、
それは、一つの時代の終焉と新たなる時代の幕開けだと言えるでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック